本田紗来&本田望結

 本田望結・紗来姉妹が出演する、福井のブランド米「いちほまれ」の新TVCM『おうちごはんをHAPPYに』篇が10月1日から全国で放映される。2人はCMでは初となるミュージカル風のダンスに挑戦した。

 舞台は本田姉妹のおうちのキッチン。本田望結と紗来姉妹は、土鍋を開け、ほかほかに炊き上がった『いちほまれ』に「わあ~!」と嬉しそうな表情を見せる。「おいしいお米は?」と二人が声を合わせると音楽がスタート。

 突然「いちほまれダンサーズ」が現れ、キッチンはミュージカルの舞台へ変化する。さっきまでキッチンにいた望結、紗来も、ゴールドの衣装に身を包み、お米型のハットを被り、お茶碗のステッキを持ってステージ奥から登場する。

 「いちほまれダンサーズ」とともに音楽に合わせて踊り、ハッピーなステージを見せる。曲の途中、紗来が美味しそうに『いちほまれ』を頬張り、それを見た望結が「白くてツヤツヤ!」とコメント。最後は全員でポーズ決める。

 今回の撮影で、CMでは初のミュージカル風ダンスに挑戦したという望結と紗来。撮影前にダンスの練習が始まると「ここのフリ好きです!」と望結はステップを踏みながら笑顔を見せる。

 スティックを持ち替るフリの練習には「間違えちゃった!」と姉妹で笑い合い、「もう一回お願いします!」と楽しそうに練習を続けていた。撮影中も、待ち時間にはステージ袖でフリを確認。本番では、勢いのあまりお米のスティックがぶつかってしまうNGシーンもあったが、最後は華麗なターンをばっちり決めた。

インタビュー

――TVCM撮影を終えての感想を教えてください。

望結 今回はダンスですし、舞台もあって、前回とはまたガラッと変わったCMになったと思います。ダンスの練習も沢山したんですけど、先生が楽しい方でダンスも楽しかったですし、出来上がりが凄く楽しみです!

紗来 いちほまれダンサーズが凄い可愛くて楽しかったです。撮影していて笑顔になって癒されました。前回はお家の中での私服という感じだったんですけど、今回はアイドルみたいな衣装を着られて嬉しかったです!

――お二人はフィギュアスケートでも魅せる演技をされていますが、今回はミュージカル風に歌とダンスに挑戦いただきました。普段との違いや挑戦してみての感想をお聞かせください。

望結 今回のダンスでもスケート風に回転するシーンもあるので、(フィギュアスケートが)凄く活かされているのではないかと思います。衣装さんとも話し合ってスカートの見え方も考えましたし、それを真上から撮影するシーンあって、盛りだくさんになっているのではないかなと思います。

紗来 これまでのCM出演ではセリフを言ってポーズなどはありましたが、音楽に合わせて踊るのは新鮮でした。フィギュアスケートをやってるからこそ、上手く踊れるように頑張りました!

――実際に『いちほまれ』を食べてみていかがでしたか?

望結 実はCM出演させていただいた去年から、本田家の食卓のごはんは毎日『いちほまれ』なんですよ!なので、今日楽屋に持ってきていただいて食べたときも「美味しい!」はもちろんなんですけど、「いつもの味だな」と(笑)

紗来 そう!いつもの味!(笑)

望結 そのくらい、毎日欠かさずに食べています!

――CMでは美味しそうな『いちほまれ』を見て、お二人はその嬉しさから思わず歌って踊ってしまいます。プライベートで嬉しいことが起きた時はどんな風になってしまいますか?

望結 隠す派かも知れないです(笑)「わ~!」って感じより、あとあとから嬉しさが込み上げてくる。あまり感情出さない派かも!(笑)紗来はいつもどうなってるかなぁ。

紗来 プレゼントとかはありがとう!って感じだけど、それ以外にもこんなんで?ってことでよく喜んだりしてない?(笑)

望結 紗来は何か決定したりとか嬉しいときに、「こんなことがあってん!」って直接言ったらいいのに、遠回しに言ってくるところとか、ちょっと変わっているところでもあり、可愛いところですね!(笑)

紗来 可愛いところなの?ありがとう(笑)

――今回はミュージカル風の歌とダンスに挑戦いただきましたが、今後挑戦してみたいことはありますか?

望結 踊りや歌でいうと、6月に歌手デビューをしたんですけど、2曲目がバリバリダンス系の曲で。今まで氷上でしか踊ったことがなかったので、陸で踊る楽しさにも気が付けて、そういったこともどんどん挑戦していきたいです。新しいことに挑戦するのは怖いこともあるんですけど、まだ若いので(笑)、たくさん挑戦していきたいです!

紗来 フィギュアスケートは毎日が挑戦というか、ケガがつきものだし、集中しないと何が起こるかわからないので。これからもケガをしないように『いちほまれ』のお米をたくさん食べて栄養を付けて、安全にできたらなと思います!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)