(C)AbemaTV,Inc.

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演する「ABEMA SPECIAL2チャンネル」の月1回レギュラー番組『7.2新しい別の窓 #38』が5月2日、7.2時間生放送された。

 5月2日放送回では、稲垣、草なぎ、香取と初対面となる落語家の立川志らくを迎え、本音でトークを展開する「ホンネトーク」が実施された。

 話題は、3人が出演する映画の話になり、表現者として周りから持たれるイメージについて、稲垣は「僕らは“パブリックイメージ”みたいなものを持たれているけど、『実はこいつこうだろうな』というものを引っ張ってもらうことがあって。それは映画とかで多いですね。そうすると役の幅が広がっていきます」とコメント。

 続いて、志らくは草なぎに対し、「『ミッドナイトスワン』のCMを最初に見た時に、“どこかで見たことがある、会ったことがある、だけど強烈に怖い”という印象を受けた。でも自分の記憶を思い返してみても会ったことはない。あれは自分の中にあるものなんですか?」と尋ねた。

 草なぎは「監督が引き出してくれたんでしょうね。自分とはほど遠い感情や役だという気がしましたが、何か自分の中にありました。そう考えると、役とかって全部自分なのかな。自分の中にないものは演じきれないというか、自分でも気づかないけどこういう気持ちや感情はあるんだなと、皆さんが引き出してくれます」と語った。

 3人の近況を振り返る「ななにーNEWS」では、草なぎがタモリさんと久しぶりに共演したCMの話題に。

 草なぎは、「久しぶりにお会いできてすごく嬉しかったです。タモリさんもお元気で、久しぶりだからなんかジーンとしちゃって。一緒に仕事するのも久しぶりだったから。楽屋に挨拶に行ったら、タモリさんお蕎麦を食べていて『ここの蕎麦うまいんだよ、うまくしようとしていないところが良いんだよ』って(笑)タモさん本当ナイスだなって、1日本当に楽しかったです」と笑顔で振り返った。

 これに、香取と稲垣は「いいな~」とコメント。さらに、草なぎが「2人にもよろしくって。慎吾と吾郎は何してるんだ?って言ってたよ」と語ると、香取は「言ってよ!それ」とうらやましそうに答えていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)