Hello Sleepwalkers、自身も嫉妬する実験の集大成が完成
INTERVIEW

Hello Sleepwalkers、自身も嫉妬する実験の集大成が完成


記者:村上順一

撮影:

掲載:16年03月23日

読了時間:約12分

メンバーが関わった曲が多くなった

――今作での実験はありましたか。

 今までは僕が1曲まるまる完成系を持っていって、メンバーに聴かせていたんです。でも、今回は曲を作っている過程でメンバーが関わってくることが多くなったんです。僕が作詞作曲となっている曲もタソコが途中でギターを入れてきたり、そういうのが増えたんですよ。というのも、メンバーの男4人で同じ家に住んでいるんですよ。なので、ちょっと曲が出来ると聴いてもらっていたんですよ。メンバーが関わった曲が多くなりましたね。

――メンバーと住み始めたのはいつ頃から?

 2年半ぐらい前ですね。

――でも前作の時はそういうやりとりはなかった?

 あの時は割と僕1人で完結していましたね。

――前作から機材もMTR(マルチトラックレコーダー)からPCベースの録音に変えたみたいですが、もう慣れましたか。

 だいぶ慣れましたね。DAW(デジタルオーディオワークステーション)はLOGIC(アプリケーションソフト)を使っていますけど、やはり楽ですね。あと、メンバー全員がLOGICを使っているので、やりとりが楽なんですよ。

――「Perfect Planner」で聴けるアコギもHello Sleepwalkersでは珍しいですよね?

 普段は構築し尽くしてデモを聴かせるタイプなんですけど、「Perfect Planner」はアコギの弾き語りで最初に作っていったんです。イントロのアコギから始まる感じは、デモの段階から変わっていなくて、終始アコギで作っていったのは初めてでしたね。弾き語りで作るとメロディが強くなりますね。

――何か心境の変化などはありましたか。

 もともとはコリンと一緒に作る曲を書いていて、お互いに作りこんでしまうより弾き語りで聴かせた方が、自由度が広がるんじゃないかと思ったんですよね。でも、一緒に作る曲は「EYES TO THE SKIES」の方が良かったので、結局「Perfect Planner」は僕が単独で書いていったんですけど。

――アレンジ面についてですが、例えば「2XXX」のイントロで聴けるようなギターのシーケンスフレーズが、Hello Sleepwalkersサウンドにはよく登場すると思うのですが、これはどのように作っていくのでしょうか。例えば頭で鳴った音をギターの指板上で再現する?

 こういうのが頭で鳴ることはないですね。ギターを弾きながら「ここでこういう音を入れたら、ボーカルの音と合っていいな」とか、オケに合わせてハメていく感じです。今回はタソコが考えたのが多いですね。あとはスタジオでセッションしたものを録り溜めてあって、そこから拾ってくる場合もあります。

――全国ツアーが5月から始まりますが、『Planless Perfection』の中で、ライブで再現するのが大変な曲は?

 やっぱり「2XXX」は難しいですね。よりタイトにプレイしないといけないし、演奏の縦が揃わないとカッコ悪いので。これはけっこう挑戦的な曲です。あとは、アンサンブルが面白いのでライブで聴いても面白いと思ってもらえるんじゃないかな。

――先日2月18日には、NOISEMAKERと2マンライブをおこないましたが、シュンタロウさん的には2マンライブはどうでしたか。

 普通の対バンライブよりは、お互い長い尺で出来る分、それぞれの色がしっかり出せるかなという意味でスゴく好きですね。

――ツアー『Quintet Laboratory』の成果が表れたと思う楽曲は?

 ライブで演奏していた「夜明け」は、実験の成果は大きいかなと思いますね。自分の内面をさらけ出した曲ですし。

――答え辛いかもしれませんが、アルバムで特に気に入っている曲は?

 う〜ん(悩)。全部好きですけど、強いて言えばやっぱり「2XXX」かな。僕がリスナーとして聴くんだったら、きっと心がワクワクすると思う。この曲を聴いたら僕自身「ちくしょう、やられた!」と嫉妬すると思います(笑)

――初の全国ツアーに向けての意気込みを。

 新譜が長い間出せていなくて、やっと今回満足のいく作品に仕上がって、それを引っ提げてたくさんの人に僕らを観てもらえるんだなと思うとスゴく楽しみです。まだライブで演奏したことがない曲もあるし、来てくれたお客さんとどうやって共有して楽しもうかとか、それを考えるのも楽しみですね。ライブに来てくれる人たちもきっと「このアルバムの曲をどうやるんだろう?」と思ってくれると思うんですよ。その中で一緒に楽しみたいというのと、(自分たちを)魅せつけられたらなという思いがあります。あとは、その地域によって盛り上がり方が違うので、それもスゴく楽しみですね。(取材・村上順一)

この記事の写真

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事