島田歌穂と吉田美月喜



 吉田美月喜が27日、都内で行われた主演映画『カムイのうた』公開記念舞台挨拶に登壇した。北海道で先行公開されていたが晴れて全国公開となった。主人公のテルを演じた吉田美月喜は清々しい表情で挨拶に臨んだ。共に登壇したテルの伯母イヌイェマツ役の島田歌穂は吉田を「芯が通っていて自然体で素敵な女優さん」と絶賛した。なおこの日は菅原浩志監督も登壇。更に製作賛助した北海道東川町の菊地伸町長も駆けつけた。

 【動画】吉田美月喜が登壇、舞台挨拶ほぼノーカット

 実在のアイヌ民族・知里幸惠さんの生涯をモデルに描いた話題作。ユーカラを文字で残すことに勤しむテル役の吉田は「アイヌ文化を学んでいく中で、これが日本であったのかとにあったのかと驚きました。この驚きは絶対に忘れてはいけないものですし、心にとどめておかなければいけないもの、それを伝えたいと思い撮影に臨んでました」と回想。

 演じたテルについては「涙が多い役だと思いました。でもただただ悲しいだけではなく、知里幸惠さんの強さや悔しさ、燃える心の炎を絶やさないようにと思い、監督とも向き合い演じました」と心構えを口にしていた。

 一方の島田は劇中ではユーカラを熱唱した。吉田は「島田さんのユーカラを間近で聴かせてもらったことが嬉しかった」と喜び「テルが受験勉強をしているときに甘酒を持って来てくれるシーンは心温まる場面だと思いました」と語り、島田も「吉田さんが撮影当時19歳と聞いてびっくり。芯が通っていて自然体で素敵な女優さん。頼もしくご一緒させてもらいました」と絶賛した。

 改めて吉田は「この映画で私が一番伝えたいのは、知らないという事を知ろうという事。これからを生きる人として、頭の片隅にこのような事実があったということを忘れず、歩み寄る勇気を持って生きていけたらと思います」と思いを伝えた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)