贈られた花束を抱え笑顔を見せる吉田美月喜

 女優の吉田美月喜が27日、都内で行われた主演映画『カムイのうた』公開記念舞台挨拶に登壇。舞台挨拶後には本媒体の取材に応じた。

 吉田は本作で、北海道登別市出身のアイヌ文化伝承者、知里幸惠さんをモデルにしたテルを演じた。舞台挨拶では、苦しさや悲しさだけでなく「文化を繋ごうとする強さ、心に燃える炎を絶やさないことを意識して演じました」と語った。

 撮影当時はテルと同じ19歳。テルの伯母イヌイェマツを演じた島田歌穂は吉田を「芯が通っていて自然体で素敵な女優さん」と絶賛した。

 様々な問題があり製作に3年を費やしたと明かした菅原浩志監督は「お二人の芝居素晴らしかったでしょう?本当に感謝申し上げたい」と称えた。

 吉田は贈られた花束を胸に「この映画で私が一番伝えたいのは、知らないという事を知ろうという事です。頭の片隅にこのような事実があったということを忘れず、歩み寄る勇気を持っていきたい」と思いを述べた。

 歓声を浴びながら客席通路を通って降壇した吉田は晴れやかな表情だった。

 舞台挨拶を終えた吉田は本媒体の取材に応じた。

 北海道で先行公開された本作が全国に封切となった。吉田は「北海道では地元で撮影させて頂いた事もありますし、観に来て下さった方もいらっしゃると思いますが、東京ではどういう風に受け入れて下さるんだろうと思っていました」と一抹の不安があったという。

 だが、目の前に広がったのは満員の客席。「多くの方が来て下さって。嬉しい事に若い方も沢山来て下さいました。次世代を担うの方に知って頂くのは大きな力にもなりますし、史実として、今後自分が生きる上でどういう事を考えていけばいいのかを考えるきっかけになったら」と思いを明かした。

 吉田はこれまでに映画『パラダイス/半島』や映画『あつい胸さわぎ』など多くの作品に出演しているが、実在する人物を演じるのはこの作品が初めてだった。「これまでとは違う責任を感じる作品で大きな一歩を踏み出せた思いです。今後ももっといろんな事に挑戦していきたいです」と気持ちを新たにした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)