磯村勇斗



 磯村勇斗が先日、東京・表参道で行われた「フェンディ ハンド・イン・ハンド~卓越した職人技への称賛」展のレセプションに出席。フェンディのコーデに身を包みフォトコールに応じた。

 【動画】清涼感のあるコーデで登場した磯村勇斗(フォトセッション+コメント)

 ブルーのジャケットにホワイトのパンツのセットアップ。「ジャケットがレーヨン、シャツがシルクの素材なんですけど、夏が近いということで清涼感のあるファッションに、ストリートっぽさも出したかったので緩く着てみました」

 同展は、イタリアン・クラフツマンシップへの敬意とイタリア各地の職人たちの伝統技術を称えるエキシビション。ローマに続き世界で2番目の開催となる。伝統的なイタリアの技によって希少なアート作品へと昇華させたフェンディのアイコンバッグ「バゲット」などの作品も展示。

 同展を観覧して「美術館に来たような感覚でした。暗い内装の中でライトアップされた職人さんが作ったバゲットなどがあって。アートが好きなので興奮しました」

 同展は、5月8日まで東京・表参道で催される。GWの予定を聞かれ「撮影ですね。子供の頃は家族で出かけたりしましたけど、今は仕事しかないのでGWを忘れていました」。もし休みが取れるなら…「温泉に入りに行きたいです。癒されあいです」と笑んだ。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)