オダギリジョー



 宮沢りえ、磯村勇斗、二階堂ふみ、オダギリジョー、石井裕也監督が14日、都内で行われた映画『月』公開記念舞台挨拶に登壇した。

 【動画】時事ネタでジョークを飛ばしたオダギリジョー。実は意味を込めた発言だった?

 オダギリジョーは最初の挨拶で満席の場内を見渡し「この数を見ているとジャニーズの会見を思い出しちゃって。今日は指名NGはなしで行きます」と時事を交えてジョークを飛ばした。

 本作は、実際の障害者殺傷事件をモチーフにした辺見庸氏による同名作品が原作。事件を起こした個人を裁くのではなく、事件を生み出した社会的背景と人間存在の深部に小説という形で切り込み、我々とそして社会全体が「見て見ぬふり」をしてきた「不都合な」問題がつまびらかに描かれている。

 オダギリジョーは出演を決めた経緯を「いろいろなタイプの映画が世の中にはたくさんあって。気楽に観られるものもあれば、今回の作品のように重いものを受け取って帰る映画も必要。世に問う、みんなで立ち止まって考えようと思う映画の方がどちらかというと興味があって、そういうものに参加したいと思っていた。なにより石井さんを作りたいという挑戦があればそこにならないわけにはいかないという気持ちで参加しました」と明かした。

 石井監督はオダギリジョーの冒頭の挨拶に触れながら本作について「この事件はあらゆる社会問題に繋がっていると思う。今ある社会問題。そういうものを頭のなかにイメージしてもらえればこの事件とかなり近い本質が見つけられると思う。何らかの理由で告発できない、いろんなことが起こる、それに対して隠ぺいすることは障害者施設だけの問題ではない。かなり身近な問題。そういうものを描かれるからこそこの題材にトライする意味があった」と語った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)