ある人物と写真撮影するGACKTと二階堂ふみ



 GACKT、二階堂ふみ、杏、片岡愛之助、藤原紀香、川﨑麻世、加藤諒、益若つばさ、和久井映見、アキラ 100%、朝日奈央、武内英樹監督が先日、都内で行われた映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』(11月23日公開)ジャパンプレミアに登壇した。

 【動画】レッドカーペットの模様。ある人物の登場に「わっ!」と驚く二階堂ふみ。笑顔のGAKCT

 本作は、2019年、魔夜峰央の原作『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社/累計発行部数72万部)を二階堂ふみ・GACKTという強烈な個性を放つ主演二人により実写化し、興行収入37.6億円を叩き出した映画『翔んで埼玉』の続編。まさかの埼玉を飛び出し日本全土を巻き込む天下分け目の東西ディスり対決が開幕する。

 この日、主人公である麻実麗を演じたGACKTと壇ノ浦百美を演じた二階堂ふみが登場すると会場のボルテージは最高潮に達した。

 GACKTは「最後の最後までこの映画の制作に反対していました」と開口一番、まさかの作品ディスを飛ばし会場を笑いの渦に誘う。続けて「この豪華なキャストのリストを見せられて、スタッフから『もう逃げられませんよ』と。最後の出演依頼を突き付けられてですね…」と続編オファーを回顧。「(二階堂)ふみちゃんはどう言ってるの?と聞いたら『やめましょう』と言っている」と知らされたと明かすが「どんな作品になるか心配でしたが、監督の指示の元、監督を信じるしかない現場の中で最後までやらせていただきました」と自信のある表情をのぞかせ「こんな時代に必要な作品になったと思います。くだらないと笑っていただけたら最高の誉め言葉になります。楽しんで行ってください」と熱く呼びかけた。

続けて二階堂は「前作は皆様に応援とご好評を頂いて、パートIIは何倍も何倍も羽振りの良い作品になりました!」とファンへのお礼を冗談交じりに伝え「こんな大きな会場で、こうやって皆様とお会いする機会を頂けて、本当にパートIIやってよかったなと思いました」と笑顔を見せた。

 その後、レッドカーペットを歩き、観客にファンサービス。更に報道陣の取材にも応じた。途中、ある人物が登場。その姿に気付いたGACKTは呼び込み、二階堂に知らせると「キャー!」と驚きの声が挙げた。その笑顔で撮影に応じた。その人物は本作の主題歌を担当するお笑い芸人のはなわだった。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)