VRゲームで悲鳴を上げる村山彩希VRゲームで悲鳴を上げる村山彩希(YouTubeより@ゆうなぁもぎおんチャンネル)

 AKB48の村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音によるYouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」の最新動画が公開され、VRによる最新ゲーム対決をおこなった。

 今回、「【VR】ゆうなぁVSもぎおんで最先端ゲーム対決!【号泣】」とのタイトルで新たな動画を配信した同チャンネル。PC接続やケーブルを必要としない最新のVRヘッドセット「Oculus Quest 2」を購入し、村山と岡田の“ゆうなぁ”、茂木と向井地の“もぎおん”に分かれ、VRゲームで対決することとなった。

 最初に挑んだゲームは「Beat Saber」。流れて来る的を斬るゲームで、まずは“ゆうなぁ”の2人から挑戦。当初はあわてたような仕草も見せた2人だったが、徐々にリズミカルに「エイ!エイ!」などと息の合った掛け声も見せていく。続く“もぎおん”も「ハイッ!ハイッ!」と声をそろえてクリアしていったが、1ゲーム目の得点は、大きくスコアを広げて“ゆうなぁ”の勝利となった。

 2つ目のゲームは、「Richie's Plank Experience」。地上80階から伸びる板の上を進み、先端にあるケーキをより多くもってくるというもの。

 まず挑んだのは村山。「無理!無理!」と板になかなか足を伸ばせない中、“おじゃま隊”となり、大きな内輪で風を送り込む茂木と向井地。ケーキを取り損ね、2人の届ける風も加わってパニックの様相を見せる。その一方で、岡田は、難なくケーキを持ってくる達人級の動じない姿を披露した。

 続いて茂木は冒頭から大絶叫。「バーチャルリアリティ!」と自分に言い聞かせるが、板の上でブルブルと脚が震える状態となり、そのまま落下。そして向井地は、ケーキを取ると出現するクモに怯えながらも「これだけは持って帰る」などと意地を見せ、4個のケーキを持ち帰った向井地の活躍で“もぎおん”ペアが勝利を飾った。

 最後のゲームは「Epic Roller Coasters」。ジェットコースターを体験しながら的を射抜いていくもの。先に“もぎおん”からチャレンジをおこない、続いて“ゆうなぁ”も挑戦。それぞれ楽しそうな声を挙げながらその世界観に染まっていった。果たして結果は…。

 このVRゲーム対決企画には、ファンから「かけ声が面白すぎてめっちゃ笑った」「もぎちゃん落ちたのおもろすぎた」「なぁちゃんの動じないとことか、ゆうちゃんの怖がりも色々面白すぎ」などの声が寄せられ、4人それぞれの様子を楽しみながら見守ったようだ。

 なお、一通りのゲームを終えた後には、とある発表も。村山は「実は、今日なんでこの対決をしたかと言いますと…」と切り出し、ゆうなぁもぎおんに案件が舞い込んできたことを明かした。動画終盤ではそのキャンペーン内容を説明するとともに、村山と茂木が家電量販店を訪れる様子も公開。最新VRの世界観を体感しながらその魅力を伝えている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)