MCを務めた浜崎あゆみ(17LIVE)

 浜崎あゆみが19日、ライブ配信アプリ『17LIVE』でシンガー発掘オーディションの開催を記念したライブ配信を行った。

 浜崎は、オーディションイベント『17LIVE 4th Anniversary meets 浜崎あゆみ“シンガー発掘オーディション”』で審査員を務める。この日の配信では、注目している点として浜崎が「歌唱力よりもどれだけ夢を叶えたいかいという思いの強さをみたい」とし「夢をあきらめないで進んでいく強さを見せてくれる、そういう方がこの時代を引っ張ってくれると思う」と期待を寄せた。

 「17LIVE 4th Anniversary meets 浜崎あゆみ“シンガー発掘オーディション”」に開催に当たっては、浜崎が「昨今の新型コロナウイルス感染拡大により、多くのアーティスト・パフォーマーを目指す方々の活動が制限されてしまっていることを身をもって感じていたので、私でご協力できることがあれば」と企画の趣旨に賛同して実現した。

 オーディションへの応募条件は、「17LIVE」で活躍中のライバー(ライブ配信者)、もしくは活動予定者で、「17LIVE」内でのアカウントレベルが30以下であれば、誰でも参加が可能。10月31日まで開催されるアプリ内イベントで上位に入賞した計5人のライバーが、浜崎が審査に加わる、最終歌唱オーディションに参加できる。

 イベントを通過し、最終歌唱オーディションで優勝した人には、「Mirrorcle World」「Love song」他、数々の浜崎あゆみの代表曲の作曲・編曲を手がけた中野雄太さんによるオリジナル楽曲の提供に加えて、浜崎本人から直接アドバイスを受けられる。

 さらに、浜崎が普段使用しているスタジオでのレコーディング、ジャケット制作、配信リリース、一部プロモーション(Webメディアでのインタビュー等)を、浜崎の楽曲制作チームと「17LIVE」が手配するクリエイティブチームがフルサポートする。

 また、最終歌唱オーディションで「準優勝」に選ばれた人も、浜崎の楽曲制作チームによるオリジナル楽曲の提供と、浜崎の楽曲制作チームと「17LIVE」が手配するクリエイティブチームによる、レコーディング、ジャケット制作、配信リリースのサポートが受けられる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)