高畑充希

 女優の高畑充希が6日放送の日本テレビ系『スッキリ』にリモートで生出演。上京するまでは早口だったことを語り、MCの加藤浩次を驚かせた。

 お笑い芸人・大谷健太が繰り出す早口言葉をスタジオ出演者らとトライした高畑だったが「難しい」と頭を抱える。アナウンサーも苦戦する難しさで、加藤から優しくフォローを入れられ「安心しました」と安どするなど盛り上がった。

 “天の声”から「上京してきたのはいつ頃ですか?」と尋ねられた高畑。「高校生になるタイミングで上京してきました」といい、その際に強く印象に残っていることとして「東京の人はしゃべるのが遅いなって思いました」と語った。

 高畑は「大阪の人ってみんなでしゃべってると早くしゃべらないともう話すスキマがなくって、みんな展開がめちゃくちゃ早くって」と自身が大阪で暮らしていた頃の環境について触れながら、上京後に「ゆっくりしゃべっても会話できるんだって思いました」と体感したことを明かした。

 加藤から「東京来てゆっくりになったんですか?」と現在の高畑のしゃべり口の印象を伝えられると、「東京来て、そうですね、もう15年くらいになるのでこのペースになりました」と高畑。現在の“おっとり”した印象とは異なる高畑の逸話に、加藤は「そうなんだ。昔、早かったんだね」とギャップに驚いた様子を見せていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)