永野芽郁

 永野芽郁と高田純次が12日、都内で行われた『コンタクトのアイシティ [eyecity市] 新CM発表会」に出席。先日コロナから復帰した永野はこの日が復帰後初イベント。変わらずの笑顔で周囲を明るくさせていた。

 【写真】美脚をのぞかせた永野芽郁、全身

 コンタクトのアイシティのイメージキャラクターを務める永野芽郁と高田純次が新CMで共演。永野が「eyecity市」の市民、高田は「eyecity市」の新市長を演じる。それぞれ別の日に撮影を行ったため、対面するのがこの日が初めて。

 永野は、高田を「大先輩なので、会うまでソワソワしていました。初めてお会いしたときからスマートでダンディでかっこいいなと。と同時に『小判が入っているよ』と言ってプレゼントして下さって、あとで開けるのが楽しみ」と笑顔。

 「大先輩と言ってもただ歳をとっているだけなんですけれども」と謙遜する高田は、活躍目覚ましい永野を「今をときめく女性にお会いできて非常に嬉しい。きれいだしね。パーフェクト。大谷で言えば二刀流、三刀流のね、素晴らしい。これから夢も希望あるのでいいなと」と称えた。

 そんな永野が、高田に質問する一問一答コーナーを企画され、芸能界で生き抜く秘訣を聞いた。高田は「したいことをやれば、それが血となり肉となる。それとやっぱり関係者に季節ごとにお中元やお歳暮を贈った方がいい。それは長く生きられる秘訣だと思う。それだけやっていれば大丈夫だと思う」と高田流の“金言”で笑いを誘った。

永野芽郁と高田純次

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)