平手友梨奈

 俳優の岡田准一が18日放送の日本テレビ系『スッキリ』に出演。映画共演を通じて女優・平手友梨奈のイメージが変わったことを明かした。

 【写真】『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』で難役を演じた平手友梨奈

 この日の放送には、映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』で共演する女優の木村文乃とリモート出演した岡田。“天の声ゴールド”として平手も登場した。

 この中で、撮影中に平手が「隙あらば私の膝に乗ってきました」と明かした木村。「みんな平手さんのために良い空気を作ろう」とのシチュエーションの中で、平手がヒザに乗ったり「写真撮ろう」と現場を和ませていたことを紹介した。

 平手の友人という設定だったこの日の“天の声ゴールド”。「木村さんに対してはお姉さんのような存在だから、と私は聞いてますね」と役になりきりながら木村に甘えた理由を語った平手。岡田に関しては「お父さん」との印象があるようだ。

 すると、岡田が「お父さん、おかっち、ゴリラ」と平手からの呼ばれ方を紹介すると、MCを務める極楽とんぼの加藤浩次は「現場の空気良さそう」と好印象をもった様子だ。

 さらに岡田は「平手さんね、すごく良い笑顔で笑う方」と印象を語り、「僕もなんかイメージ的には“僕は嫌だ”みたいな人かな」とのイメージを持っていたようで、この“イジり”に平手からは「ちょっと、ちょっと…ストップ」とツッコミも。

 加藤も平手から「クールなイメージ」を感じていたようで、岡田は「クリエイターですよね。10代で若いし、色々抱えてるクリエイターで、才能豊かな人です」と続けた上で、「“僕は嫌だ”みたいな子じゃなかった」とイメージがガラリと変わったことを明かしていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)