めるる

 “めるる”ことモデルの生見愛瑠が8日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演。中学2年生当時に異色の5人組グループで活動した過去を苦笑いで振り返った。

 【写真】バブリー“めるる”。アムラー時代やギャル全盛時代のファッションにも挑戦

 この日の放送にゲスト出演しためるる。自身が中学2年生当時、事務所の人に誘われる形で「謎のアイドルじゃないですけどユニットグループみたいな」活動をおこなっていたことを語った。

 それは5人組グループで、顔合わせの際に「今日からあなたは花椿って名前で活動してください」と言われたというめるる。「ずっとモデルをやってたかったけど急にそんなこと言われてすごい大変でした」と当時を振り返り、およそ1年ほど活動したようだ。

 めるるが花椿の名前で、他のメンバーは紅虎、乙姫、まめ菊、昇竜。「赤い着物で、オイオイオイオイって歌」と話すとスタジオは大爆笑を起こし、「おいおいおいおいおい、どこまで行くねん!」などと明石家さんまは盛大にツッコミを入れた。

 めるるによるとそれは『KIMURASAN』という楽曲で、「全国の木村さんに捧げる歌」とのこと。現在、動画サイトのYouTubeにアップされており、さんまは「何万も再生されるぞ」と反響が大きくなることを告げた。

 発表した楽曲はこの1曲で、モデルが集まったグループであることも述べためるる。「TGCっていう、東京ガールズコレクションで1回やって終わりました」とも語ると、共演していた“みちょぱ”ことモデルの池田美優が「TGC出てたの!?」と驚きの声を挙げていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)