千葉雄大と黒柳徹子

 イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。シリーズ累計発行部数全世界2億5000万部を超え、2018年に初めてハリウッドで実写映画化されると全世界興行収入が約386億円を超える大ヒット。歌とダンスと愛くるしさで世界中を笑顔にした。あれから3年さらにパワーアップしたピーターが帰ってきた。

 『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は6月25日から日本公開で公開される。このほど、前作に続きピーターラビットの声を演じた千葉雄大と、初代“ピーターうさぎ“の声を担当していた黒柳徹子、新旧ピーターラビットの2人による明るくキュートなCM映像2種とウサ耳をつけて大照れする2人を捉えたインタビュー映像および2ショット写真1点が解禁された。

 過去出版されていた「ピーターうさぎ」というレコード絵本で黒柳がピーターの声の朗読を担当していたことから実現した本企画。解禁となったCM映像【初代ピーターは黒柳さん篇】では「私、日本で最初に“ピーターうさぎ”の声やったのよ」と話し始める黒柳に対して、「ピーターラビットですよね??」と戸惑う千葉。黒柳はそんな彼を横目にピーターは「本当は悪い子じゃないのよ」とどんどん話し続けるが、ピーターは冷蔵庫を開けてシャンパンをぶっかけ、恋敵・マグレガーへの強烈うさキックを炸裂。前作以上にモフワルっぷりが絶好調なピーターの姿を見た彼女は思わず「ぇ・・・えぇ??」と驚く様子を捉えている。

 CM映像【カワイイが止まらない黒柳さん篇】では「私、日本で最初にピーターの声やったのよ」と実は“初代ピーター”は自分であることを明かした黒柳。それを聞いた千葉が「今度はピーターが湖水地方に・・・」と映画のストーリーの説明を始めるも、モフモフとキュートに動くピーターとその仲間たちの映像に魅入ってしまい「わあ、カワイイ!ふわふわ!」とついつい“カワイイ”が止まらなくなる黒柳。しかし、最後にはお約束!?モフワルピーターの“強烈うさキック”映像が現れ「あら!」とまたまた驚いてしまう。いずれも、新旧ピーターラビットを演じた2人による愛らしくてユーモアあふれる掛け合いの様子が描かれている。

 インタビュー映像【徹子&雄大!ウサギに変身したら可愛すぎた篇】は、現ピーターラビット・千葉×元祖ピーターうさぎ・黒柳という“新旧ピーターによる奇跡の対談”の模様を切り取ったもの。

 これまで数々のCM出演歴を持つ黒柳だが、映画のCMへの出演はなんと今回が初。記念すべき本CMで、千葉との共演の感想を聞かれた黒柳は「とても楽しかったです。千葉さんと一緒で嬉しかったです」「だって本当に(千葉さんが)ウサギみたいで」と笑顔を見せ、千葉さんは「本当ですか?」と照れ笑い。千葉も黒柳との共演を「嬉しかった」と思い起こしながら、今回のCM撮影は気合いを入れるためにピーターラビットのトレードマークでもある青いジャケットで臨んだことも明かした。

 その後、黒柳が初代ピーターラビットの声を演じたレコード絵本「ピーターうさぎ」の朗読音声を二人で聞き、20代の頃の自身の声に「可愛くてびっくり」と黒柳が懐かしむ場面も。千葉も「声の使い分けで世界が広がる感じが素敵」と目を輝かせた。そんな千葉が演じた本作でのピーターの吹替について、黒柳は「あなたの声とっても合ってるもの」「湖水地方に合ってた」と大絶賛。

 最後には千葉プロデュースの「ウサ耳」を2人で順番に装着。人生初の「ウサ耳」を披露した黒柳に対して千葉は「カワイイです!ウサギみたい」と返し、続いて黒柳のリクエストで自身も「ウサ耳」をつけた千葉に対して「可愛いね」と思わず呟くなど、2人で照れ合いながらも、始終ほんわかしたトークを繰り広げた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)