仲里依紗

 女優の仲里依紗が22日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演。息子からかけられた言葉に驚いたエピソードを明かした。

 【写真】過去に公開した仲里依紗・中尾明慶、そして長男との3ショット

 今回の出演で初めて黒柳徹子と会った仲。徹子をイメージしたというお団子ヘアやカラフルな色彩が印象的な衣装を着て登場。冒頭から徹子と華やいだトークを展開した。

 自身の両親や祖父母、夫で俳優の中尾明慶との関係性などトークが弾み、徹子は小学2年生になった息子にも言及。すると最近、仲は息子から「ある要望」を出されたという。

 2歳の頃からしつけの一環で息子用のベッドを用意し、一人で寝かせるようにしてきたという仲。ところが、「少し寂しいのか『一緒に寝たい』って。『一緒に寝る日を決めよう』って言ってきてくれたんです」とお願いしてきたようだ。

 夫の中尾が仕事で不在の日に一緒に寝ることを決めた仲。その当日、「やっぱり覚えてるんですね。日を。枕元に、枕を持ってちゃんと立ってて。『今日でしょ』って」と息子がスタンバイしていたといい、「びっくりしました」と笑顔でその様子を伝えた。

 実際に一緒に寝ると「すごくうれしそうにしてる」と続けた仲は、さらに、「私の寝顔を見るのが好きみたいです。ずっと私の顔を見て、『なんでそんなに可愛い顔して寝てるの』って言われました」と息子からかけられた言葉を紹介した。

 驚いた様子の徹子は「恋人だわね」とし、「小さな恋人みたいになっちゃってて」と仲も納得。徹子が「男の子ってそういうこと言うの?」と尋ねると、「私も初めてなのでびっくりしましたね。こんなこと言うんだと思って」と心底驚いたようだった。

 また、息子が学校で友達からテレビに出ていた母親のことを伝えられることもあるようで、「うれしいみたい。自慢みたいですね」と、その様子を優しい笑顔で語っていた。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)