白石麻衣(撮影・木村武雄)



 赤楚衛二、白石麻衣、栁俊太郎、北村一輝、石田雄介監督が1日、都内で行われたNetflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』(3日世界独占配信)の一夜限りの体験型イベント『#ゾンフェス』に出席した。

 【動画】幸せ感溢れるママのお悩みにほっこりした表情で応える白石麻衣

 Netflixシリーズ『今際の国のアリス』の麻生羽呂原作、高田康太郎作画で月刊サンデーGX(小学館)で連載中であり、7月9日からのアニメ放送&配信される同名作品がNetflix映画として実写化される。

 街中にゾンビが溢れるという絶望的な状況を、「もう会社に行かなくていい!」という逆転の発想でポジティブに生き生きとサバイブする主人公のアキラを赤楚衛二。本作のヒロインである三日月閑(シズカ)役を白石麻衣。アキラの親友ケンチョこと竜崎憲一朗役を栁俊太郎。アキラが働くブラック企業で過度な精神的不可をかける典型的なパワハラ上司・小杉権蔵を北村一輝が演じる。

 白石麻衣は自身が演じた役柄を「シズカはクールで真っすぐな女性。リスクヘッジを最優先して、論理的に行動する女の子です。アキラとケンチョと出会って、馴染んで楽しくなって来た時の表情の変化に注目して観ていただけたら嬉しいです」と紹介。

 ゾンビ映画にコメディ要素も加わった本作の特長を「サメゾンビとかと対決する時はしっかり真面目に真剣に。アドリブじゃないですけど、楽しむところは楽しんでいるので、そういうところがコメディじゃないですけどポップになっていると思います」と緩急が面白さをより引き立てていると語った。

 そして、ゾンビの世界だからこそ、日常のしがらみから解放され、ポジティブにやりたいことを叶えていくという本作のテーマにちなみ「最近解放されたいこと、モヤモヤしているこ」を事前に募集。寄せられた「解放されたい」悩みを答えていった。白石への相談は「私のことが大好きな娘(10歳)です。まとわりついてギュ…抱きしめられてチュ……嬉しいのですが、そろそろ…自由を…」

 これに白石は「私がママの立場だったら嬉しいですね。解放しなくてもいいじゃないですかね(笑)どうしてもということだったら、1日1ハグとかルールを決めるとかですかね」とほっこりと回答した。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)