白石麻衣と赤楚衛二(撮影・木村武雄)



 赤楚衛二、白石麻衣、栁俊太郎、北村一輝、石田雄介監督が1日、都内で行われたNetflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』(3日世界独占配信)の一夜限りの体験型イベント『#ゾンフェス』に出席した。

 【動画】声で「ピー」と言いネタバレを避けようとする赤楚衛二。対する白石麻衣はお構いなしに…

 Netflixシリーズ『今際の国のアリス』の麻生羽呂原作、高田康太郎作画で月刊サンデーGX(小学館)で連載中であり、7月9日からのアニメ放送&配信される同名作品がNetflix映画として実写化される。

 街中にゾンビが溢れるという絶望的な状況を、「もう会社に行かなくていい!」という逆転の発想でポジティブに生き生きとサバイブする主人公のアキラを赤楚衛二が演じる。本作のヒロインである三日月閑(シズカ)役を演じるのは白石麻衣。アキラの親友ケンチョこと竜崎憲一朗役を演じるのは柳俊太郎。北村一輝が演じるのはアキラが働くブラック企業で過度な精神的不可をかける典型的なパワハラ上司・小杉権蔵。

 ホラー映画とコメディ映画を両立させた本作について赤楚は「コメディ要素は意識しておらず、シチュエーションがコメディなので」と切り出すと「××ゾンビと××するときに××になるんです」とネタバレを避けるため自主規制で「ピー音」を加えるも、北村らから「分からない」と言われ「ネタバレ禁止なんですよね」と返しつつ「だから××しかできない。本人たちは一生懸命に生きている。笑わせる気持ちはなく純粋な気持ちで演じました」と続けた。

 一方の白石麻衣は「サメゾンビとかと対決するときは…」と赤楚がピー音で隠しただろうワードをあっさり公表。これに赤楚は「言っていいんだ…」と言わんばかりの表情で見つめるも司会者から「そこは予告でも出ていますから」とフォローされしぶしぶ納得。「ピーって言った方がいい?」と白石が確認され「大丈夫」と返した。その白石は「ちゃんとやるところはちゃんとやって、自由に楽しむところは楽しむ。そこがポップになっている。ホラーで怖い要素よりかはクスっと笑える要素はたくさん込められている」と明かした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)