北村一輝(撮影・木村武雄)

 赤楚衛二、白石麻衣、栁俊太郎、北村一輝、石田雄介監督が1日、都内で行われたNetflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』(3日世界独占配信)の一夜限りの体験型イベント『#ゾンフェス』に出席した。

 Netflixシリーズ『今際の国のアリス』の麻生羽呂原作、高田康太郎作画で月刊サンデーGX(小学館)で連載中であり、7月9日からのアニメ放送&配信される同名作品がNetflix映画として実写化される。

 街中にゾンビが溢れるという絶望的な状況を、「もう会社に行かなくていい!」という逆転の発想でポジティブに生き生きとサバイブする主人公のアキラを赤楚衛二。本作のヒロインである三日月閑(シズカ)役を白石麻衣。アキラの親友ケンチョこと竜崎憲一朗役を栁俊太郎。アキラが働くブラック企業で過度な精神的不可をかける典型的なパワハラ上司・小杉権蔵を北村一輝が演じる。

 北村は自身が演じた役柄を「(小杉は)ホントに嫌な人だと思います。僕の役がどうこうというより、描かれている青春群像劇に入りたかったです」と笑いながら紹介。ゾンビのクオリティの高さについては「ゾンビから逃げることが多かったのですが、ゾンビ役の方が速すぎて、すぐ捕まっちゃいました、映画終わっちゃうから」と裏側を語り、会場の笑いを誘った。

 この日は、ゾンビの世界だからこそ、日常のしがらみから解放され、ポジティブにやりたいことを叶えていくという本作のテーマにちなみ「最近解放されたいこと、モヤモヤしているこ」を事前に募集。寄せられた「解放されたい」悩みを答えていった。北村への相談は「毎日のとんでもない暑さから解放されたい!」

 北村「いやクーラー!」と笑いを誘いつつ、「暑いときは水族館に行ってください!」と劇中の舞台ともなる水族館を引き合いに出しアドバイスした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)