北村一輝

 大泉洋、長尾謙杜(なにわ男子)、松本若菜、北村一輝、柄本明、堤真一、入江悠監督が11日、都内で行われた映画『室町無頼』(2025年1月17日公開)製作発表会見に登壇した。

 【動画】共演シーンを振り返る大泉洋×堤真一×北村一輝×柄本明

 自らの力で時代を切り拓いた「無頼」たちを描いた垣根涼介氏による同名小説が原作。歴史に残された史料は少ないが、「無頼」たちは確かに実在し、腐りきった政治と世の中を叩き直そうと、命がけの戦いに挑んだ男たちの姿を描く。

 北村が演じるのは、困窮している民を横目に贅沢な暮らしを送る有力大名の名和好臣(なわ・よしおみ)。

 北村は「今回この台本を頂いて、皆さんがアウトローで、本当にヒーローで、骨太な良い映画です。その中でも本当に憎たらしい悪役がいるんですけど、『まさかこの役じゃないだろうな?』と思ってました(笑)。そして今映像を観て、やっぱり想像以上にすごく良い仕上がりになっていますしワクワクしてたまりません」と挨拶した。

 座長・大泉の印象を聞かれ「現場に入ったのが後半だったので、大泉さんが遠目で見ても疲れていたので大丈夫かな、って。アクション大丈夫?って聞いたら、やっぱりこういうとこでは出せないと思いますけど『辛い…』って。映画って本当に大変なんですよね」と明かした。

 一方の大泉は「僕が北海道でしか仕事してなかった時に、『man-hole』という映画に出てそこで共演して。本当に久しぶり。空いた時間に楽屋に入り浸って久々に色んなお話を聞いて、どちらかという僕の方が甘えていました」と語った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)