山本千尋(TBS)

 山本千尋が、7月25日スタートのTBSドラマ『埼玉のホスト』で主演を務めることが決まった。TBSドラマ初主演となる山本は、超優秀コンサルタント・荒牧ゆりか役を務める。

 深夜ドラマ枠『ドラマストリーム』9作目は、「埼玉のホスト」と「人を信用しない女」そして「ある秘密を持つ歌舞伎町ホスト」が送る新しいラブストーリー&青春コメディ。

 数々の飲食店の経営を立て直し、業界では名の知れた人物である荒牧ゆりかは超優秀なコンサルタント。そんな中、ゆりかのもとに「歌舞伎町トップホストクラブからの買収危機にある、埼玉のホストクラブ“エーイチ”の経営を立て直してほしい」という依頼がくる。冷徹なゆりかはバシバシと「エーイチ」のダメな点を挙げていき、ナンバーワンホストを見つけるために “スカウト活動”に勤しむ。しかし遂に見つけた青年は「植物としか喋れない超奥手な農家の息子」。あらゆる策略を立てながら「エーイチ」を立て直すために奮闘するゆりかとホストたち。一方で、買収を企てる歌舞伎町No.1ホストにはある秘密があり・・・。

 山本が今作で演じるのは、埼玉県内の数々の飲食店を立て直してきた超優秀なコンサルタント。「人を信用するより、数字を信じる」がモットーな冷徹な性格だ。ある“計画”のために、埼玉限定でコンサルの仕事をしている中、ホストクラブ「エーイチ」から依頼を受けることに。ナンバーワンホスト探しの中、見つけた岩槻キセキをスカウトし、「エーイチ」を立て直すために奮闘する。

 武術太極拳の元選手で世界一の経歴も持つ山本は、2013年に女優デビュー。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の 13 人』や、Netflix オリジナルドラマ『今際の国のアリス』シーズン2では得意のアクションを披露し注目をあびた。TBSのドラマに出演するのは、火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』で主人公の相手役の元彼女役を演じて以来2回目で、TBSの連続ドラマで主演を務めるのは本作が初となる。

 なお、ゆりかがスカウトした岩槻キセキ役には、Aぇ!groupの福本大晴、歌舞伎町イチの売り上げをあげるホストクラブ「ラブ2000」のNo.1ホスト赤坂ゲンジ役を楽駆が務める。

■山本千尋:コメント

 この作品のお話をいただいたとき、素直に驚きと喜びがありました。今まで自分が演じてきた役とは違った役柄をいただけて今から楽しみです。キャストの方々とも直ぐに打ち解けたので、この雰囲気をご覧いただく視聴者の皆様に早くお届けしたい気持ちでいます。これまでのドラマストリームとは一味違う、明るくも楽しくそして心が揺さぶられる作品になるよう頑張りますので、ぜひお楽しみいただけるとうれしいです!

■プロデューサー・杉田彩佳:コメント

 この企画にお集まりいただいたキャストの皆さま、スタッフの皆さまに感謝申し上げます。タイトルに驚かれた方も多いと思いますが、ここに出てくる人たちは皆、何かを成し遂げようと一生懸命に生きています。

 コメディな青春群像劇でもあり、一人の女性が心を開いていく成長物語でもあります。

 また先日、実際にキャストの方とお会いして、山本さんの持つ芯のある強さと、福本さんの優しい空気感、楽駆さんの目を惹く存在感に終始圧倒されました。これから発表されるキャストの皆さんもとても個性豊かで早くお届けしたい気持ちでいっぱいです。東京にはない新しい色のホストクラブの物語をぜひお楽しみください。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)