山本千尋



 古田新太、早乙女太一、早乙女友貴、山本千尋らが20日、都内で行われた、2023年劇団☆新感線43周年興行・秋公演「いのうえ歌舞伎『天號星』」製作発表会見に出席した。上京して初めて観た舞台が劇団☆新感線で念願叶っての初参戦。「とても嬉しい」と喜んだ。

 【動画】古田新太、早乙女太一らが山本千尋のアクションに期待感を示した。山本千尋は出演への思いを語る

 演じるのは、早風のいぶき。古田演じる半兵衛の女房で裏では藤壺屋の表稼業と裏稼業を取り仕切っているお伊勢の、実の娘。山本千尋と言えば中国武術をベースにした圧巻のアクション。過去に共演した早乙女太一も「あの中国武術はとてつもない。生で見ると迫力がとんでもなくて美しい。そうした面を存分に出れたらいいなと思いますし、戦わせて頂くのですごく楽しみです」と絶賛。

 古田新太も「アクション好きとしては側で見られるのは非常に楽しみ。ちーちゃんの中国武術はすごく興味があるので、教えて頂きたい」と語り、演出のいのうえひでのり氏も「久しぶりにチャンバラが見せ場になる芝居になる」と期待感を示した。

 また、山本が、中島かずき作品で「いぶき」という名前のキャラクターを演じるのは今作が2回目。中島氏が手掛けたドラマ『封刃師』にいぶきと言う名前でゲスト出演した事に触れ、中島氏は「今回はたっぷりキャラクターを作りたいと思って同じ名前にしました」。これに山本は「愛情で『いぶき』という名前を頂きました。その役を大切に演じたい」と決意を新たにした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)