久保史緒里



 乃木坂46久保史緒里が20日、都内で行われた、2023年劇団☆新感線43周年興行・秋公演「いのうえ歌舞伎『天號星』」製作発表会見に出席した。美脚がのぞく深いスリットの入った衣装で登壇した久保史緒里。「劇団☆新感線」への出演は今回が初めて。「客席から見ていた側でエネルギーを直に浴びて頑張れる原動力を頂いていましたので、まさか参加させて頂くとは思わず驚きで一杯でした。昨日初めて本読みで皆さんに温かく迎え入れて下さいました。乃木坂46として活動している時とはまた違う自分をお見せ出来たら」と意気込んだ。

 【動画】美脚がちらり、深いスリットの入った衣装で登壇した久保史緒里。「劇団☆新感線」初参戦への思いを語る

 演じるのは、母・弁天譲りの占いの才能を持つ、歌って踊って神を降ろしてお告げを伝える踊り巫女・神降ろしのみさき。演出のいのうえひでのり氏からは「乃木坂46では歌わないゴリゴリの曲を歌ってもらおうかなと思います」と期待感を示され、主演の古田新太からは「本番が終わった頃には俺の事を『おとっつあん』と言われるように手懐けたい」。これに久保は「緊張して昨日を迎えましたが温かく迎えて下さってすごく嬉しかったです。終わる頃には『おとっつあん』と呼べたら嬉しいですし、いつかお酒を飲み交わせたら嬉しい」と思いを述べると「明後日!」とすぐさま返され「ぜひぜひ!」と笑った。

 本作は、9月14日から10月21日まで東京・THEATER MILANO-Zaで、11月1日から20日まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホールで上演される。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)