ブラッド・ピット

 ブラッド・ピットが3年ぶり14回目の来日を果たし、22日には、主演映画『ブレット・トレイン』(9月1日公開)の大ヒットを祈願して、東京・高野山東京別院で厄除けを初体験した。

 【動画】日本への想いを語るブラッド・ピット、トークほぼノーカット

 ブラッド・ピットは「とにかく私は今びっくりしています。というのはこのレディバグという、映画の中のキャラクターがものすごく悪運が強くて、ツキが無い男なんで、こういう厄除けやったら楽しんじゃ無いかなという、軽い気持ちだったんです。でも実際に今経験してみますと、とってもお寺も美しいですし、ほんとに美しい体験でした。お坊さんたちもとっても素敵で、ちょっと涙目になってしまいました。日本という国がとても美しい、文化も美しいと思うんですね」と感動しきり。更に「ファンの皆さんに心を込めて『ドウモアリガトウ』と伝えたい」と日本語を織り交ぜながら、感謝を述べた。

 本作は、伊坂幸太郎の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化。ブラッド・ピット演じる<世界一運の悪い殺し屋>レディバグは、ブリーフケースを奪うよう指令を受け、気合たっぷりに<東京発・京都行>の超高速列車に乗り込む。だがしかし、それは彼にとって人生最悪な120分間の始まりだった……。次々と身に覚えのない殺し屋たちに命を狙われるが、彼らは偶然乗り合わせたのか、それとも誰かに集められたのか・・・。やがて殺し屋たちの過去がつながり、 終着点・京都で衝撃の真実が明らかになる――。

 この日は、アーロン・テイラー=ジョンソン、デヴィッド・リーチ監督、製作のケリーマコーミックも出席した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)