剣の達人<エルダー>を演じる真田広之

 真田広之が、ハリウッド映画『ブレット・トレイン』(9月1日公開、デヴィッド・リーチ監督)のオファーを受けた理由、そして主演を務めるブラッド・ピットとの初共演を振り返った。

 【動画】『ブレット・トレイン』を語る真田広之、インタビュー動画

 伊坂幸太郎の大ベストセラー小説『マリアビートル』を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリー・アクション。

 世界一運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超高速列車でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと乗ってくる身に覚えのない殺し屋たちに命を狙われ、降りたくても、降りられない。最悪な状況の中、列車はレディバグと殺し屋たち、10人を乗せたまま終着点・京都に向かうが…乗り合わせたはずの10人は、偶然ではなく、仕組まれた罠だった。やがて明らかになっていく、殺し屋たちの過去と因縁。そして終着点で待ち受ける世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デスと対峙したとき、思いもよらぬ衝撃の展開が待ち受ける。

 真田広之が演じたのは、なにかと“運命”を語りたがる剣の達人<エルダー>。一見慎ましく寡黙な男でありながら断固として家族を守るという多層的なキャラクターでもある。本作の出演は、以前一緒に仕事をしたデヴィッド・リーチ監督から、オファーという形でシナリオを送ってもらったことがきっかけだと言う。

 「(シナリオを)読んで非常に面白くて、ドラマもアクションもコメディも、いいバランスで書かれているなという思いがあって」「それをあの監督が撮るのであれば、絶対に面白い作品になるんだ、と思ったのでもう即答でしたね」「乗車します!って感じでした(笑)」

 「マリアビートル」(伊坂幸太郎)という日本の小説が原作であることについては…?

 「うまいアダプテーションをされてて、映画のシナリオになっているなと思った」「自分とその息子役の“キムラ”。この二人が日本人ということで、そこのパートはしっかりしなきゃなと」

 日本人として参加するプレッシャーも感じつつも同時に、リーチ監督が生み出す独自の日本世界観についてはリーチ監督ならではの撮影現場を存分に楽しんだという。

 「未来のおとぎ話的な日本で描かれてるなと思ったので、そこは逆にもう楽しんで」「基本的にはこの世界観を楽しもうという感じでした」

 そんな真田が選んだ好きなシーンは「レディバグのブラッドと絡んだシーン」

 「二人の会話のシーンは非常に印象に残ってます」「ブラッドは毎回アドリブで毎テイク毎テイク違うセリフを言ってきたり、アプローチが変わったりするんですよね。なので注意深く聞いてないとリアクションを取れないし、(エルダーの)キャラクターで返さなきゃいけないっていう、そういうプレッシャーがありましたね」

 その理由を…。

 「本当にもう笑ってしまうぐらい面白いセリフを言ってくるので、危うく笑いそうになるんですけども、キャラクターをキープしないといけない」

 ブラッド・ピットとの初共演にも触れた。

 「カメラテストで顔合わせをした時からとてもフレンドリーで紳士的で親しみやすいと言いますか、コミュニケーション取りやすい、懐が広いと言いますか。とてもいい雰囲気の中で撮影が出来たので本当によかったと思いますね」

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)