京都駅に向かう新幹線の車内でレッドカーペットを行ったブラッド・ピット、アーロン・テイラー=ジョンソン、真田広之

 ブラッド・ピット、アーロン・テイラー=ジョンソン、真田広之、デヴィッド・リーチ監督が23日、映画『ブレッド・トレイン』(9月1日公開)のプロモーションのため、東京駅から京都駅に向かう新幹線内で異例のレッドカーペットを開催。集まった報道陣に向け、本作の魅力などを語った。

 【動画】新幹線車内での“舞台挨拶”のもよう、ブラピは真田広之を絶賛

 伊坂幸太郎氏の大ベストセラー小説「マリアビートル」を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール 2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したミステリー・アクション。

 本作のプロモーションで3年ぶり、14回目の来日を果たした主演のブラッド・ピット(レディバグ役)と、初来日であるアーロン・テイラー=ジョンソン(タンジェリン役)、そして本作のプロモーションのために緊急帰国した真田広之(エルダー役)、デヴィッド・リーチ監督が新幹線に乗り込んだ。

 ブラッド・ピットは新幹線の乗り心地を「『ブレット・トレイン』の撮影現場にいるような気がする」「デジャヴのよう」と言い、アーロン・テイラー=ジョンソンは「(劇中には)“悪運”や“運命”とか色々出てきますが、今日は最高にツイている。そういう気分で、光栄に思っています」と述べた。

京都駅に向かう新幹線の車内でレッドカーペットを行ったブラッド・ピット、アーロン・テイラー=ジョンソン、真田広之、デヴィッド・リーチ監督ら

 剣の達人・エルダーを演じた真田広之も「一緒に作ってきたメンバーでキャンペーンができる、そしてこの新幹線の中でレッドカーペットができる、というのは本当に夢のようで。こうしてお見せできる、その日が来たことが幸せです」と感謝した。

 ブラッド・ピットと真田広之は本作で初共演を果たした。まずブラッド・ピットは「真田さんが入ってくれたことによって非常に優雅さ、というか格が上がりました」と絶賛。「アクションや戦いのジャンルでアイコンとしてずっと続けてこられたこと自体が素晴らしいですし、私たちは一緒に仕事ができたということが非常に光栄」「デヴィッド・リーチ監督とこの役を話し合ったんですが、このエルダーという役は非常に重みのある役者が必要だった」と真田がエルダーを演じることで「物語の中の心臓の部分であり、魂の部分」に重みが増した、と惜しみない賞賛を送った。

 隣でそのトークを聞いていた真田は「撮影前に聞かなくて良かったです。プレッシャーが笑」と照れることしきり。ブラッド・ピットについて「最初に会った時から気さくで、とてもフレンドリーで、そして映画にかける情熱が素晴らしいので、その空気感に包まれて撮影できたのが本当に幸せでした」と言い、「毎日現場に行くのが楽しみだった」「ブラッドのこの笑顔がカメラのオンもオフも含めて全体を包み込むいい空気を醸し出してくれて、もちろん主演として皆を引っ張ってくれたので」「柔らかいオーラで全員を力強く引っ張っていくという、特殊なエネルギーを感じました」と感謝を述べた。

 京都駅到着後は京都駅長と対面。ブラッド・ピットは、新幹線の乗り心地やスピード感を大絶賛していた。

ブラッド・ピット、アーロン・テイラー=ジョンソン、真田広之、デヴィッド・リーチ監督ら

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)