山本舞香が声優に初挑戦する。伊坂幸太郎氏の小説『マリアビートル』を、『デッドプール2』のデヴィッド・リーチ監督がハリウッド映画化したラッド・ピット主演の『ブレット・トレイン』(9月1日公開)で、ブラッド・ピットを翻弄する謎の女子学生・プリンス役の日本語吹替版声優を務める。

 【動画】本編予告と山本舞香インタビュー

 今回の声優オファーについて山本は「えっっ?私!?」と最初は驚きを隠せなかったものの、主演のブラッド・ピットとの“共演”に「嬉しかった!お芝居でもご一緒できるように頑張ろう!って、思いました」と素直に喜んだ。

 プリンスは、外見は普通の女子学生だが、狡猾で悪魔のような性格の持ち主。優れた洞察力と、自分の思い通りに物事が進んでいく“強運”を武器に、車内で起こる全ての出来事を裏で掌握し、主人公レディバグたちに壮絶なバトルを繰り広げさせる。

 「見た目がすごく強い子で、周りに対してもすごく強いけど、過去にいろんなことがあって。悲しくて寂しくて、そこからこの感情が生まれて、この計画を立てたっていう。寂しがり屋さんっていうのかな?そこから狂気がうまれてきたっていうのは何となくイメージできました」

山本舞香、吹き替えのもよう

 空手の黑帯を持つことでも知られる運動神経抜群の山本は「これまでも、(実写の)アクション・シーンを撮った後のアフレコで、息遣いは結構撮ったりするので、役に立ったかもしれない」と思わぬ効果を振り返った。

 ファンに向けては「こういう時期だからこそ、笑って泣けて、一人一人すごく個性が強いキャラクターが出てきて、心もすごくよ忙しいかと思うんですが、目茶苦茶面白いです!劇場で観て、笑って泣いてください!お楽しみに!」とメッセージを送った。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)