二宮和也が表紙を飾る『CHEER(チア)Vol.24』(宝島社)

 二宮和也が、宝島社が発行するムック『CHEER(チア)Vol.24』(8月1日発売)の表紙、巻頭特集に登場する。

 映画『TANG タング』で主演を務める二宮。今回の撮影ではブルーバックに涼しげなセットアップ、白のスニーカーと夏らしい爽やかな装いで登場。映画に登場するロボット“タング”とのツーショットも収録している。

 ダメ男とポンコツロボットが大冒険を経て人生の宝物を見つける今作に絡め、二宮の人生を輝かせた出会いについて聞いた。

 「出会いの多い人生。すごく恵まれている。ふつうの人が一生で出会う人数って3万人くらいって言われているけど、嵐のコンサートでは一気に5万5千人くらいの方に会っているんです。そんな人生を歩んでいることって、やっぱりすごいですよね」

 また、今作で初共演となる京本大我について聞くと…。

 「ナルシスティックなお芝居をやらせたら間違いない!お父さん(京本政樹)の血が流れているから(笑)」

 このほか作品や後輩への思いなどを聞いている。

 「9 BOARD PINUP」には表面・裏面それぞれに縦3点×横3点=計9点のグラビアが掲載される。表面は京本大我、松村北斗、岩本照。裏面は佐久間大介、大西流星、長尾謙杜。

 また、「BOOK IN BOOK」ではAmBitious(関西ジャニーズJr.)初の単独公演『AmBitious 初単独 LIVE 梅雨魂 2022 ~Nice to meet you~』のライブレポートが掲載される。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)