Girls2が6月25日、『Girls2 3rd Anniversary Live ‐ダイジョウブ‐』を開催し、Huluストア配信も含めて10000人以上が観覧した。

 ライブ翌日にデビュー3周年を迎えたGirls2。これまでの活動を振り返るようなオープニング映像で多岐に渡る楽曲を振りかえったのち、デビュー日である「2019 6 26」の数字とライブタイトル「ダイジョウブ」の文字が映される。それが合図となってステージにメンバーが現れ、デビュー曲「ダイジョウブ」を披露してライブは開幕した。弾けるようなパフォーマンスを見せ、パワフルな「恋するカモ」「#キズナプラス」とさらにテンポを上げながらフレッシュなダンスと歌を届ける。メンバーによって色も形も異なる衣装を身にまとって、全員の動きがよく見える横並びでのパフォーマンスを見せることで、グループとしての統一感以上に9人それぞれの個性や魅力からグループが成っていることがよく表されている。「#キズナプラス」の〈誰よりもカワイイ声で〉〈背伸びしてかっこいい声で〉〈大きな声で聞かせてよ〉という、様々な性格やキャラクターを肯定するような歌詞でもそんなグループのカラフルさを感じさせた。

Girls2

 MCにて、口々にアリーナの広さに感激し、緊張していると話した彼女たち。スティックバルーンを振って反応するオーディエンスに「盛り上がっていきましょう!」と声をかけると「Chu‐Lu‐Chu‐Chu」へ。華やかかつパワーのあるパフォーマンスで魅了する。女の子を楽しもうと歌うキラキラとした応援ソング「Party Time!」、ラップを交えて激しく踊る「Enjoy」、仲間と恋を歌う爽やかな歌詞と瑞々しくキレのいいダンスがマッチした「ABCDEFガール」と次々に楽曲を披露した。

 一変して、「私がモテてどうすんだ」「Juga Juga JUNGLE」では大人びた表情を見せる。特に重低音が迫力を醸すビートに乗せた力強いラップ、間奏での挑戦的なまなざしを覗かせた激しいダンスで印象を変えた「Juga Juga JUNGLE」終盤には、小田柚葉、鶴屋美咲、小川桜花、増田來亜、菱田未渚美、山口綺羅の6人がステージの両サイドでソロダンスを披露。これまでにない激しさと妖艶さでダンススキルの高さを見せた。その後ステージ中央に現れたのは、隅谷百花、原田都愛、石井蘭の3人。隅谷がソロボーカル、原田と石井がダンサーとなる形で「スキップ!」を披露した。「大事なモノ」では、増田、菱田、小田の3人が歌を届ける。鶴屋、小川、山口による「あなたがくれた奇跡」は山口のソロダンスからスタートし、鶴屋と小川が柔らかく透き通ったファルセットを響かせる。2人の奏でるハーモニーが中央で踊る山口のコンテンポラリーダンスの上品さを惹きたて、儚く美しいステージを作り上げた。

Girls2

 再び全員が揃った「Flutter」では、白で統一した衣装の柔らかい印象が〈恋心 舞い上がれ〉という歌詞とマッチし、繊細なパフォーマンスを作り上げる。短いSEののち、カラフルな衣装を着用したメンバーは「STARRRT!」「RingRing」「チョコモーモー」などをメドレーにして次々と繰り広げる。「弾心」では小田がアクロバットを見せ、会場を湧かせるシーンもあった。

 1人ずつこの日の公演の感想と感謝を語ったメンバーは、「みなさんにありがとうを伝えるために選んだ曲です。一人ひとりに届けられるように」と「ありがとう~ひとことあなたに~」を披露。温かい楽曲に乗せて感謝を伝えた。

 本編最後の楽曲となったのは「チュワパネ!」。MCでの感謝の言葉や「ありがとう」のあとの披露だからか、これまでの楽曲に感じられた応援や励ましといったメッセージ、キラキラとした恋心の描写とは異なり、本人たちが自身の足跡を振り返るような歌詞として、メモリアルな響きを持って届けられた。

 アンコールを求める手拍子が止まない中、映像にて、恋愛バラエティ『この恋イタすぎました』(日本テレビ系)へのレギュラー放送と7枚目のEP『Shangri-la』の発売、さらに9都市10公演のツアー『Girls2 Live Tour 2022 “Shangri-la”』の開催を発表。オーディエンスの興奮が止まないなかステージに現れた彼女たちは、Lucky²とともに「Girls Revolution」「人人人生紹介ソング」とアップテンポな2曲を披露した。そして新曲「Shangri-la」へ。ダンサブルな楽曲でありながらキャッチーなサビが耳に残るナンバーで、初披露であるにもかかわらずオーディエンスもスティックバルーンを振って盛り上がった。

 「ダンスを始めた当初はこうなると思っていなかった。応援してくれるみんなと支え合ってここまで来れたので、離れていっちゃうとか思わないでほしいです」と話した山口をはじめ、改めて感謝を伝えるメンバーたち。石井は「みなさんから貰ったパワーを何倍にもして返したい」と感極まって涙ぐみ、鶴屋は「この9人でステージに立てていることを誇りに思う」と話した。小川が「一人ひとりが頑張ったからここまで来れた。みんな頑張って良かったね。一緒に頑張ってくれてありがとう」とメンバーに涙ながらに伝えると、菱田ももらい泣き。3周年、そして初のアリーナという節目に辿り着いた素直な思いを語った。

 最後は晴れやかな表情で「80’s Lover」「C’mon Neo Zipang!!!」を披露。これからも成長を続けていくであろう彼女たちの未来を思わせるクールで力強い楽曲で、全30曲のステージを締めくくった。

 なお本公演は、Huluストアにて7月2日23時59分まで独占見逃し配信中となっている。

Girls2

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)