『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』特別上映イベントに登壇した、武田真治、森川智之、浪川大輔

 武田真治、森川智之、浪川大輔が4日に、都内TOHOシネマズ 六本木ヒルズでおこなわれた『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』特別上映イベントに登壇。トークライブをおこなった。

 「スター・ウォーズ」シリーズの劇中の名台詞 “May the Force be with you.”(フォースと共にあらんことを。)にちなんで4日(May the 4th)に制定された「スター・ウォーズの日」、3年ぶりのファンが集うリアルイベントとなる、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』特別上映イベントが実施された。

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』特別上映イベント

 「スター・ウォーズ」。シリーズを代表する伝説的なキャラクターにして、史上最も有名な悪役ダース・ベイダー、そしてジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービ。
“スター・ウォーズ”を象徴する2人のキャラクターが『スター・ウォーズ エピソード 3/シスの復讐』でみせた歴史的対決と決着、その後の物語を描くオリジナルドラマシリーズ『オビ=ワン・ケノービ』が27日からディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信開始。

 会場には3年ぶりのイベント開催を心待ちにしていたファンが集結。ライトセーバーといったSWグッズや衣装を身にまとったファン達が多く来場し、会場はSW愛に溢れた雰囲気でイベント開始前から熱気に包まれていた。いよいよイベントが始まると、1999年公開の「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」から、最新作である本作「オビ=ワン・ケノービ」までユアン・マクレガーが演じるオビ=ワン・ケノービの日本版声優を務めてきた森川智之、「エピソード 2」「エピソード 3」でヘイデン・クリステンセン演じるアナキン・スカイウォーカーの日本版声優を務めた浪川大輔、さらにスペシャルゲストとして、「スター・ウォーズ」シリーズの大ファンとして知られる武田真治が登壇し会場を盛り上げた。

 まずは、【スター・ウォーズの日】を記念して〈スター・ウォーズ推し事キャンペーン〉と題して募集したファンによるなりきり写真やイラスト、オモ写など「スター・ウォーズ」愛が溢れる作品がいくつか紹介された。レゴで作品の世界観が再現されたものや、お寿司で作られたキャラクターのケーキ、さらには紙粘土と包装材で映画のセットさながらに作られた街まで、個性的な作品や本格的なものまでSW愛に溢れた作品の数々に、森川「楽しいですね! 作った方ならではの情緒がありますね」、浪川「凄いですね! クオリティが素晴らしいです!」、武田「かっこいい~!」と感心をと驚きの表情をみせた。最後にお菓子で作られたグローグ(ベビーヨーダ)の作品が登場すると、一同「かわいい~!!」とファンの熱い思いに圧倒されていた。

 そして森川はオビ=ワン、浪川はアナキン・スカイウォーカーをそれぞれ20年間演じてきて、改めてこの20年間を振り返っての想いを聞かれると、森川は自前のライトセーバーを手に持って「これ10年ほど前にロサンゼルスで買ったものなんですけど、帰るときに飛行機内に持ち込もうとしたらセキュリティーで引っ掛かってしまったんです。そこで屈強な係員に『これは何だ?』と聞かれて、『俺は、ジェダイだ』と言ったら通してくれたんですよ(笑)」と驚きのエピソードを披露し会場をわかせた。

 さらに森川は「エピソード1の頃のユアン・マクレガーが演じるオビ=ワンと比べると、今回のオビ=ワンはエピソード3の10年後なので、演じるユアンも年を重ねてきたように、僕自身も声優として20年キャリアを積んできたので、うまく演技に活かせている部分があるかなと思います」とユアン・マクレガーと自身のキャリアを重ねてしみじみと語った。浪川も「皆さんが20年間好きでいてくれるのが有難くて、長い年月やらせて頂いたたまものだなと思っていますし、お仕事でもこの役以降ダークサイドに堕ちるキャラクターをやらせていただくことが多くなったのでありがたいです(笑)」と自身のキャリアへ大きな影響を与えたSWへの愛と20年の重みを実感していた。それを聞いていた武田は「SW は本当に限りない物語だなと感じます」と語り、さらにこれからエピソード3を観る観客に向けて、「SW シリーズは素敵な名言に溢れていて、僕が好きなのは『失う事を怒れると、ダークサイドに堕ちるぞ』というセリフなんです。時は流れていくけどそこに固執しないよう、今日を楽しもうといつも肝に銘じてるんです」とシリーズのファンとして熱い思いを語った。

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』特別上映イベント

 ここで27日からディズニープラスで初回2話の同時独占配信が開始されるSWシリーズ最新作『オビ=ワン・ケノービ』の予告編が上映されると、一同「いや~! 堪らない~!!」と大きなスクリーンで流れた大迫力の映像に歓喜。本作でも引き続きオビ=ワン・ケノービの声を担当することが発表された森川は「すごく嬉しくて小躍りしちゃいました! 以前ユアンが会見で本作がスタートすることを発表していて、僕もそれを見て楽しみにしていたんですけど、とうとうやってきたなという感じです。SWファンの皆さんが本当に知りたい部分の話じゃないですか!」と喜びを語った。

 それを聞いていた武田が興奮ぎみに「SW史上最も人間らしい葛藤が描かれるんじゃないかと思っています。これ全何話なんですか!?」溜まらず森川に質問すると、森川は「全六話です!」と明かし会場からも声が漏れた。浪川も「楽しみです。オビ=ワンというキャラクターは葛藤の連続で、そこがどう描かれるのか、またオビ=ワンらしい色合いや作風がどういう風に描かれているのか楽しみです」と最新作への期待を述べた。武田は「たまらない! 凄いな~」と興奮を隠しきれない様子で、森川「SWはSF映画と思われがちだけど、こんなに一人ひとりのキャラクターの人生をしっかりと描いているのが凄いなと思います。最新作についていっぱいしゃべりたいんですけど、しゃべれないんですよ(笑)」ともどかしい様子で期待を煽り、会場をわかせた。

 最後にファンの観点から一番期待することを聞かれた武田は「人間ドラマですね。包容力と葛藤を併せ持つ森川さんの吹替えでオビ=ワンの人間ドラマを感じたいです」と期待を述べた。

 そして、いよいよイベントも終盤にさしかかり、午後5時4分 「May The Force BE With You!」のカウントダウンをゲストと観客で一緒に行う準備をしていると、どこからともなく聞き覚えのある呼吸音が。なんとシリーズ屈指の人気キャラクターであり、帝国の司令官にしてシスの暗黒卿であるダース・ベイダーと帝国軍のエリート兵士ストームトルーパーが会場にサプライズ登場。これにはゲストも会場もテンションMAXに。そしてダース・ベイダーらとともに観客も自前のライトセーバーやライトセーバーを模したペンライトを持った状態で準備が完了すると、MC の「5、4、3、2、1、May The Force Be With You!」のかけ声とともに、ゲストと観客が一斉にライトセーバーやペンライを掲げ会場が一体となってスター・ウォーズの日をお祝いした。

 オンラインでイベントを視聴しているファンも含め、日本中のフォースが集った3年ぶりの記念すべき瞬間となったことに、会場では拍手喝采が巻き起こった。まさに【スター・ウォーズの日】にふさわしく、シリーズへの愛と最新作への期待と興奮に満ちた大盛り上がりのイベントとなった。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)