ルーク。『マンダロリアン』シーズン2から。(C)2022 Lucasfilm Ltd.ディズニープラスで配信中

 全世界を興奮と歓喜で満たし、社会現象を巻き起こし続けてきた空前のエンターテイメント「スター・ウォーズ」。巨匠ジョージ・ルーカスが生み、『スター・ウォーズ エピソード 5/帝国の逆襲』で初登場した「スター・ウォーズ」史上最強の賞金稼ぎボバ・フェット。今まで謎に満ち溢れていた彼の数々の真実が明かされるオリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』がディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)で独占配信中だ。

 2月9日の最終回を目前に配信された第6話に、「スター・ウォーズ」ファンも大熱狂の若き“ルーク・スカイウォーカー”と“グローグー”が登場!『マンダロリアン』シーズン2の最終話で出会った彼らの当時の出会いや、本作で描かれた2人の関係性をおさらいする。(※以下、『マンダロリアン』シーズン2最終話、『ボバ・フェット』第6話のネタバレを含みます)

 ◇

 「スター・ウォーズ」の全ての始まりの人物と言っても過言ではない伝説のジェダイ ルーク・スカイウォーカーと、『マンダロリアン』シーズン1での初登場以降、その可愛さで世界中のファンを一瞬にして虜にした“ザ・チャイルド”ことグローグー。彼らの出会いは、『マンダロリアン』シーズン2の最終話(チャプター16)に遡る。

 マンダロリアンが、帝国軍の残党に捕らわれていたグローグーの救出に成功するものの、敵軍の猛攻撃により絶体絶命のピンチに陥る中、誰もが予想だにしていなかったルークが助けに来る。

 ルークは「彼のフォースは強いが、訓練なしには無力だ。私が命懸けで守る。彼が力を極め、自衛できるまで」と、グローグーを自身の手でジェダイとして一人前にする約束をしたうえで預かった。

 当時『マンダロリアン』の製作総指揮を務めていたデイブ・フィローニはこのシーンについて、「マンダロリアンからグローグーを引き取れる人がいるなら、ルークしかあり得ない。これは、ジョンとも同じ考えだった」と、脚本を書いたジョン・ファヴローとも合致した意見のもと、ルークを登場させたことを語る。

 こうして、映画シリーズの枠を飛び越え「スター・ウォーズ」に新たな歴史を刻む新たな師弟が誕生した。

グローグー。『マンダロリアン』シーズン1から。(C)2022 Lucasfilm Ltd.ディズニープラスで配信中

 そして2月2日に配信された本作の第6話で、ついにその後のルークとグローグーが登場。グローグーがルークのもとでフォースを操る修行に励んでいるシーンが描かれた。修行に集中できないグローグーに少し呆れるルークや、ヨチヨチと歩くグローグーをルークがフォースの力で前に進める様子など、ファンが待ち望んでいた仲睦まじい二人の姿が垣間見え、大興奮。中でも、ルークがグローグーのことを背負って林の中を駆け巡るシーンは、「エピソード5/帝国の逆襲」でルークがヨーダのことを背負い訓練に励むシーンを彷彿とさせ、「何回観てもルークがグローグーを背負って走るシーンで涙腺ぶっ壊れる...」、「EP5のヨーダとの修行時代を思い出す!!」とファン感涙のシーンとった。

 さらに映画シリーズでルークを演じているマーク・ハミルは第6話放送後に自身の SNS で、“ルークがヨーダを背負う”画像を投稿しファンを賑わせた。ルークも認め、注目する“本物の「スター・ウォーズ」”の物語に世界中が賑わっている。

 第6話の最後では、グローグーが今後もルークの元で修行を続けるのか、はたまたマンダロリアンとの再会を選ぶのか、究極の選択に迫られるグローグーが描かれたが、果たして最終回でその結果は明らかとなるのか?そして、ルークの
登場により今後配信が予定されているオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが登場する『オビ=ワン・ケノービ』やアソーカ・タノが主人公の『アソーカ(原題)』、「ローグ・ワン」のキャシアン・アンド―を描く『アンドー(原題)』などへの期待も高まるばかりだ。

 今後も広がり続ける「スター・ウォーズ」の世界の幕開けとなる本作は、「スター・ウォーズ」ファンなら絶対に見逃せない物語となっている。“完璧な『スター・ウォーズ』”と評された『マンダロリアン』シリーズのスタッフが贈る『ボバ・フェット/ The Book of Boba Fett』はディズニープラスにて独占配信中。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)