奥平大兼

 奥平大兼が11日、都内で行われた映画『マイスモールランド』(5月6日公開、川和田恵真監督)の完成披露舞台挨拶に登壇。デビュー作『MOTHER マザー』で初めて舞台挨拶を行った場所でのこの日のイベントに感動しつつも「あの頃よりも緊張する」と笑った。

 在留資格を失い、普通の高校生としての日常が奪われてしまった17歳の在日クルド人の主人公サーリャ(嵐莉菜)が、理不尽な社会と向き合いながら、自分の居場所を探し、成長していく物語を描く。

 サーリャが心を開く少年・聡太を演じる奥平大兼は、新人賞を総なめにした『MOTHER マザー』以来の映画出演となる。「僕自身、映画で始まった身という意識が自分の中であったので、2年ぶりに映画に戻ってきたという気持ちで、クランクイン前はすごく楽しみでした」

 出演はオーディションで決まった。奥平の印象を川和田監督は「まだ青年になり切っていない青年という印象があってそこがいいなと」とし、「サーリャの複雑さを受け止める演技、聞いていく役割として、奥平さんが持っている素朴さやフラットさがすごく大事になると思いました」と選んだ理由を明かした。

 本作は、ベルリン国際映画祭において日本初のアムネスティ国際映画賞からの特別表彰を受けた。奥平は「今作のテーマに関しては僕自身初めて触れたものだったので、まずは知ることが大事だと思いました。だからこそこの映画はたくさんの人に観てもらいたい作品ですし、僕もこの映画に携われてよかったと思います」と語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)