鈴鹿央士、奥平大兼、小倉史也



 奥平大兼、鈴鹿央士、小倉史也が先日、都内で行われた映画『PLAY!〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて』(3月8日公開)完成披露舞台挨拶に臨んだ。劇中の制服姿で登場。黄色い声援を浴びた。

 【動画】奥平大兼、鈴鹿央士、小倉史也、舞台挨拶の模様

 「eスポーツ」を題材にした日本初の劇映画。徳島の高等専門学校を舞台に実在した生徒をモデルに描く。鈴鹿央士とW主演を務める奥平大兼。金髪にピアス、見た目はヤンチャのeスポーツビギナーの翔太を演じた。

 翔太の印象を「ヤンチャっぽいのが最初の印象ですが、とても優しい子で周りのことが見えている。2人と一緒にゲームやる時も大人な部分もあったり、優しさが詰まっているいい子だなと思います」と語った。

 この日、欠席となった古厩智之監督から手紙が寄せられ、それぞれのキャスティング理由などが明かされた。古厩監督は奥平を「映画っぽい俳優さんだなと。余計なことをやらない、説明しない。ただ立っているだけで風が吹いているような気がします」と絶賛。

 この言葉に小倉は「その通りだと思います。好奇心旺盛でめちゃくちゃお芝居楽しんで、少年心をありのまま出している」、鈴鹿も「そこに立っているだけで画になる人というのは徳島で撮影しているときにも思った」と称えた。

 一方奥平は、鈴鹿の印象を「どういう俳優さんなんだろうと気になっていて、演じていると、お芝居のアプローチの方法が僕と正反対。達郎を央士くんが演じてくれたことによってできることが広がったと思います」と尊敬の思いを明かした。

 また小倉に対しても「央士くんと同じように、自分とは違うタイプの方。3人は個性がバラバラだけど、バランスが取れていて、それがお芝居して居心地が良かった」とした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)