ヤバイTシャツ屋さんと岡崎体育が『Red Bull SoundClash 2022』のために作成した禁断のコラボ楽曲「Beats Per Minute 220」(ビーツ・パー・ミニット220)が1月24日0:00に先行配信、そしてミュージックビデオが1月27日20:00、岡崎体育のYoutubeチャンネルで公開される。

 このコラボ楽曲について各アーティストからのコメントは下記の通り。

■ヤバイTシャツ屋さん・こやまたくや

「今回初めてがっつり1曲を一緒に作りました。めちゃくちゃカッコいい自信作。ほんまにすごい楽しくてライブ映えする」

■岡崎体育

「お互いがゼロの状態からイチにして100にするってのは無かったので、どんな風になるのかなと想像できなかったけど、疾走感が凄くあるので、もしかして曲の途中でお客さんみんな走って出てっちゃうかもしれない」

「Beats Per Minute 220」MV場面写真

 また、レッドブルのユニークすぎる4ラウンド制の音楽対決イベント『Red Bull SoundClash 2022』に向けた特別動画コンテンツ「Road to Red Bull SoundClash」全4エピソードが全て公開された。

 今回公開された第4回はヤバTと岡崎体育が「Beats Per Minute 220」のミュージックビデオ作成に向けて熱い激論を交わす内容が収められている。「ヤバイTシャツ屋さん」と「岡崎体育」のコラボ曲が遂に完成。楽曲公開に合わせ2組はMV制作の構想に着手した。岡崎は「220匹のニワトリを放ち、飛べない彼らに翼をさずけたい」、ヤバイTシャツ屋さん側は「220匹の猫に囲まれて撮影したい。猫が好きやから」と、それぞれ斬新過ぎる演出を提案。長時間話し合いを続けた両者だったが中々意見はまとまらず、遂に岡崎が啖呵を切った。「こうなったら目立ったモン勝ちや!」

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)