トリンドル玲奈

 トリンドル玲奈が自身の30歳の誕生日でもある23日、都内で、写真集『あいまい』の取材会に臨んだ。

 今までのモデル活動では見せてこなかった水着姿や、10代で下着メーカーのイメージモデルを務めた時以来のランジェリー姿なども披露。写真集自体も約8年ぶりだ。

 本作の撮影のテーマは、「あいまいさ」。夏の終わりから深まる秋を迎える季節の中、20代から30代へと年齢を重ねる中で解き放たれる、匂い立つような色気、それでいてどこまでも少女のような純粋さ、そして海外育ちながら日本人の美徳を重んじる本人の性格など、トリンドル玲奈自身のアンビバレントな魅力をあらゆる角度から切り取った。

 自然体でありのままで臨みたいと、体づくりよりもメンタル面を大事にしたというトリンドル。撮影日を楽しく迎えたいと「むくみをとったり、好きな入浴剤を入れて入浴したり、自分を甘えさせて楽しく過ごす」ようにしていたという。

 自身曰く、お腹周りは「プニュ」としたところもあるようだが「隠してもしょうがないですし、30歳だからこそ見せられたかな」とありのままを見せた。

 衣装選びにも参加。なかでも「名前が可愛い」と、お尻コルセットは「絶対に履きたい」と思ったという。

 久々のランジェリー姿にも挑戦。周囲には「びっくりしていた」というが、母は「お腹がプニプニして、お尻も可愛いね」と言われたといい、30歳を迎え改めて「楽しく生きる方がいい」というマインドでいるとの思いも明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)