仮想“新婚生活”最後のデートでキスしたトリンドル玲奈と浅香航大。『私たち結婚しました 2』最終話(C)AbemaTV, Inc.

 浅香航大とトリンドル玲奈が夫婦設定で結婚生活を送る、ABEMAオリジナルシリーズ恋愛モキュメンタリー番組『私たち結婚しました2』の最終話が4日、1時間スペシャルで放送された。

 【写真】添い寝する2人

 韓国で2008年から約9年間レギュラー放送された番組『私たち結婚しました』を日本版にリメイク。多方面で活躍している有名芸能人同士の“結婚生活”に密着し、期間限定の“夫婦生活”のなかで、結婚式や新居の準備、寝室での様子など普段見ることができない“夫婦のリアル”を届ける。

 シーズン2となる今回は、浅香航大とトリンドル玲奈のペアと、塩野瑛久と足立梨花のペアの2組が“結婚生活”を送った。

 妻であるトリンドル玲奈のお祝いで温泉旅行にきている浅香夫婦。夜には、安定しない布団のうえでジェンガをして2人で賑やかに楽しむ。その後は「じゃあ、普段はしないけどギュウして寝たりしてみる?」と提案し、布団のなかで密着して寝ることに。トリンドルが浅香を「寝れそう?」見上げると、浅香もトリンドルを見つめ至近距離。浅香はトリンドルの頭をなでる。最後は浅香がトリンドルのおでこに優しくキスをして眠りについた。

 翌朝、朝食を終えると浅香の運転で移動。車中でトリンドルが「今日ね、したいことあるんだよね」と明かし、スノードーム美術館でそれぞれ思い出の写真を使ったオリジナルのスノードームを作ることに。完成したスノードームは交換して持って帰ることになり喜ぶ浅香。「(浅香への)感謝を形にしたかった」というトリンドルの思惑は大成功した。

 家へ帰宅すると、ペットの魚たちに「ただいま」と声をかけ2人。浅香は水槽を見つめながら「ちょっと、くるねえ」とこれまでを振り返って今にも泣きそうな表情に。それを見たトリンドルは「大丈夫、大丈夫」とさすりながら「楽しい思い出だよ。泣いちゃだめだよ」と優しくなぐさめた。

 その後は、トリンドルの提案でスカイツリーへ行くことに。夜景を一望しながら「今日で、終わり」とかみしめ、互いの感謝を伝えるため手紙を読みあう。浅香が「なかなか弱みや悩みを表に出すことはなかったけれど、俺はなにがあっても玲奈の味方です」と締めくくると、トリンドルは「そんなこと言われたら泣いちゃうよ」と大粒の涙を流した。

 手紙を読み終えた2人は見つめ合い、浅香がトリンドルのおでこにキス。これで終わりかと思いきや、トリンドルが「おでこ?」と言うと、浅香はついにトリンドルの唇にキス。しかしこれだけでは終わらず、一度唇を離すも再び浅香からキスし、それから何度もキス。カメラを忘れ、長くキスした。

 衝撃のラストで幕を閉じた浅香夫婦の結婚生活。「ABEMA」の「ABEMAプレミアム」では結婚生活中の未公開映像を大公開。別れたあとの互いの気持ちについても明かしている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)