デコピンの罰ゲームを受ける向井地美音(YouTubeより@ゆうなぁもぎおんチャンネル)

 AKB48の村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音によるYouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」がこのほど、新たな動画を配信。フィンランドのマイナースポーツ「モルック」で勝負する企画をおこない、様々な罰ゲームを強制的に受けるなど熱戦を繰り広げた。

 今回は「【話題の】罰ゲームを受けて得点を稼げ!モルック対決!【マイナースポーツ】」と題した投稿をおこなった同チャンネル。フィンランドのスポーツだというモルックで2チームに分かれて勝負する企画だ。

 向井地からルール説明がおこなわれ、ピンを倒して点数を積み、最終的にぴったり50点を獲得すれば勝利となる。今回は特別ルールとして24個の罰ゲームを用意し、ピンを倒すたびに罰ゲームが発生。じゃんけんの結果、茂木&岡田の“なぁもぎ”チームと村山&向井地の“ゆうおん”チームで勝負に挑んだ。

 序盤から順調に進んだが、最初のショッキングな罰ゲームは「デスソースをなめる」で、村山が言葉を失えば、悲鳴を挙げる向井地。2人はこの後、さらに2度なめることになる。

 さらに、岡田が用意した罰ゲームとして「おさいふチェック」も登場。向井地をはじめ、岡田自身や茂木も所持金、レシートなど財布の中身を明かすこととなり、予期せぬモノの登場にメンバーは大笑いした。

 村山は「Twitterに自撮りと『AKBで一番かわいい○○です』と投稿」との罰ゲームを受けた。茂木が用意した罰ゲームで、「一番いやだよ!」と悲鳴を挙げた村山。キュートなポーズを作り、岡田が撮影した画像が実際にツイッターにアップされた。

 向井地は「全員からデコピン」との罰ゲームを受け、“前髪なし”にして3人連続で指をパチンと当てられると「痛い! 強い! まじで痛いんだけど!」と叫び声。このデコピンはのちに村山も受けることに。

 様々な罰ゲームをこなしながらデッドヒートを繰り広げた両チーム。最終的に向井地の7投目がぴったり50点に到達。ところが、その罰ゲームの内容に向井地は「オチなし…」と苦笑いを浮かべる結末となった。

 新たな企画への挑戦となった今回、視聴者からは「やっぱり4人の空気感が好きだな~」「ゆいりちゃんのTwitterのやつこれだったのか笑 世界一可愛いよ」「今までの動画で1番好きかも!笑」などと好評の声が寄せられている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)