(YouTubeより@ゆうなぁもぎおんチャンネル)

 AKB48の村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音によるYouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」が16日に最新動画を投稿。8月におこなわれた舞台『マジムリ学園 - LOUDNESS - 』の裏側に迫る密着動画を公開した。

 8月20日~29日までの日程で、品川プリンスホテルステラボールでおこなわれていた舞台『マジムリ学園 - LOUDNESS -』。メンバー4人も出演しており、今回の同チャンネルではその「本読み・稽古の様子・衣装チェック・ゲネプロ etc …」に密着した。

 冒頭、通常なら「ゆうなぁもぎおん」と挨拶するところで、4人はそれぞれの役名で「ケニ・ネロ・クロ・バラちゃんねる~」とタイトルコール。続けて本読みや立ち稽古に励む様子から密着動画はスタート。

 ゲネプロ&本番初日直前の舞台裏では、メンバーが衣装のこだわりどころに言及。茂木は自身の役柄が「一人称が『俺』なんですけど」としつつ、「すごいガーリーな衣装を実は着てて」と紹介するなどファンに嬉しい情報提供。ゲネプロに臨んだメンバーは堂々とした演技やパフォーマンスを披露していた。

 ただ、ゲネプロ終わりのインタビューで、岡田が「めっちゃ緊張した」とすれば、向井地も「ゲネの方が緊張するから初日は逆に緊張せずできそうです」とコメントし、岡田も強く同意。カメラ越しにはなかなか伝わらない、舞台上の演技者ならではの緊張感があることを明かしていた。

 本番前にはダメ出しや修正が舞台上でおこなわれ、細かく演技指導も入る。動画では実際の本番の映像は流されていないが、初日本番終わりに岡田が“出し切った感”を見せるシーンも収められている。

 さらに、舞台上ではハプニングもあったよう。岡田が「一番、喧嘩のシーンが多い」と村山演じるケーニッヒについて説明すると、村山は「今日、なぁちゃんに蹴られたの…」と予期せぬ事態が発生した様子。茂木と向井地が「ええ~!」と驚く中、岡田は「今日、勢いあまって当ててしまって…なんでもします」と平身低頭するなど4人は盛り上がった。

 それぞれが自身の役柄や出来栄えについて自己評価をおこないながら、充実した時間になったことを報告した今回の動画。ラストには千秋楽を終えた直後の舞台裏映像もあり、4人に限らず、AKB48のメンバーも登場。爽快な笑顔で無事に走り切ったことを伝えている。

 今回の動画には「舞台のゆうちゃんはケーニッヒが憑依してて迫力あった」「AKBの舞台の中では一番好きな作品になりました」と実際に舞台を観劇したファンのコメントをはじめ、「行きたくても行けなかった人には最高の動画です!ありがとう」と感謝する声も寄せられた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)