川口春奈

 女優の川口春奈が13日、自身のYouTubeチャンネル「はーちゃんねる」に新たな動画を配信。1分チャレンジに挑む様子を公開する一方で、様々な変顔を披露し視聴者を盛り上げている。

 【動画】1分チャレンジで奇跡が起きた、変顔連発の川口春奈

 以前からドラマ撮影の楽屋で撮影するケースが続いている川口。今回も同様で、動画冒頭、「忙しいの。はーちゃん、忙しいの!」と多忙を極めていることを報告。カメラに顔を近づけながら「みんなドラマ見てくれてるかな」との期待も寄せ、「1分チャレンジで奇跡が起きた!」とのタイトル通りのチャレンジ企画を実施した。

 最初に挑んだのが、机の上にグラスを置き、ピンポン球を跳ねさせて入れるもの。難儀している川口だったが、残り4秒となったタイミングで見事にピンポン球がグラスにイン。さらに小さいグラスで難易度を高めてトライすると、なんと一発で成功。川口は「すげえじゃん、何このミラクル」と、口を上下に大きく広げる驚きの表情を見せた。

 続いて、水を入れたペットボトルを投げ、回転させて机の上に立たせる企画に挑戦した川口。ただ、「むずい」「わかんない」を連発し、そのままタイムアップ。ただ、あきらめきれずになお挑戦する川口は、ついに成功させる。「時間切れだったな…」とルール的にはアウトとなったが、見事な成功ぶりだった。

 さらに川口は鉛筆2本を左右から押し、30秒続けると腕が磁石になり、離れなくなるとの情報を得たようで、その検証もおこなう。「まったくやってみたことないのでやってみたい」とし、“実験系”のトライは「初体験なので、ちょっと見守っててください」と願った。

 その30秒間は、川口の“変顔”ショーのような状態に。口元を引き締めたかと思えは鼻の下を伸ばし、白い歯をこれでもかと見せつける。眉間にしわを寄せて力いっぱいのトライを続けたが「だろうね」と鉛筆はくっつかず、「どういうこと? でしょうよ。デマだったの?」と半信半疑のままの川口。「鉛筆は鉛筆だし…。そういう動画も私、見たんですよ…」とまったく実現しないことを嘆いていた。

 ただ、堂々といくつもの変顔を見せつけた川口には視聴者から「変顔が素敵でした」「全力の変顔を見せられる女優さん、好感度しかないよね」「鉛筆グーってやってるときの顔はめったに見られないぞ!」などと好評の声が集まっている。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)