川口春奈

 女優の川口春奈が16日、自身のYouTubeチャンネル「はーちゃんねる」を更新し、「12歳の川口春奈はギャルだった【超貴重映像】」と題した動画をアップ。女子中学生向け雑誌のモデルをしていた当時を振り返った。

【写真・動画】12歳のオーディション応募当時の写真も公開。動画ではモデルをしていた時の写真も

 最近はドラマ撮影で忙しい様子の川口。撮影の合間に楽屋で髪を整えているところから動画をスタートし、「知ってるかな?」と切り出す。自身が中学1年から高校1年いっぱいまでモデルを務めた中学生向け雑誌「nicola」(新潮社)を取り上げた。

 川口は「私の本当に原点ですよ」とし、雑誌『nicola』のオーディションがデビューのきっかけになったことに言及。「今日はなんと、久しぶりに、その『nicola』をご用意したんですね?」とし、「色々思い出そうじゃないかと、初々しい気持ちを」と今回の趣旨を説明した。

 最初にページを開いたところから大きく声を挙げる川口。表紙写真に「かわいいー!」とテンションも高まり、動画で髪を整えているヘアメイクさんが、当時アシスタントとして雑誌『nicola』で川口と接していたといい、お互いが感謝し合う場面も見せた。

 川口は雑誌『nicola』の2007年10月号でデビュー。まだ故郷の長崎県・五島列島から週2回のペースで東京まで通っていたことを振り返る。

 そして、雑誌をチェックする中で、「すごくない? 何事?」などと16歳当時の自身のギャルな姿に大興奮。「黒かったのよ。ガングロで、やかましくて」と当時の自身を懐かしそうに語った。

 中学生当時、実際に自身の写真が雑誌掲載された時にも言及。「中学校のクラスの前に、先輩やら後輩やらがブワッと廊下から見に来る。それぐらいど田舎だったから、すごかったですよ」と周囲の盛り上がりも大きかったようだ。

 さらに、チャーミングに舌を出した写真に「ベロなんか出すんじゃないよ!」とツッコミを入れる川口。15歳当時の撮影にのぞむ映像もチェックし、陽気な仕草を見せる自身に「バカタレ! ちゃんとしろ! 」と説教する一幕も。懐かしい自身の姿に感心しながらチェックを進めたが、「ヘラヘラしてんじゃないよ! 『終わりました~』じゃないんだよ、早くしろよ」などと、無邪気な少女時代の自身へのツッコミを量産していた。

 映像を見終えた川口は、当時の自身に「バカタレ!って言ってやりたいですよ」となおツッコミが収まらなかったが、「この時があったから今があるんですけどね」とも語り、感謝の気持ちが強い様子だった。

 今回の動画には「流石、いくつ歳をとっても可愛さが半端ないのが川口春奈の魅力」「13歳から26歳で顔変わってないってやばくない?普通に。奇跡やん、、」と驚き、称賛する声が見られている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)