浜辺美波

 女優の浜辺美波が25日放送のTBS系『日曜日の初耳学』に出演。20歳になった心境に触れ、結婚や出産への願望があることを語った。

 【写真】デビュー当時、10歳の頃の浜辺美波

 この日の放送では、司会の林修氏がインタビュアーを務める企画に登場。その中では「演技ができない」と自身に劣等感を抱いたデビュー当時や、様々な葛藤を乗り越えながら今に至った心境に言及するなど、率直なトークを展開した。

 そうした中、林氏は「20歳でここまで来ちゃいましたけど、ここから先はどんなことを?」と浜辺自身がイメージしている展望について尋ねた。浜辺は昨年8月に20歳のバースデーを迎えている。

 浜辺は「いざ20歳を迎えてみると、いつ結婚して出産するのかっていうのが、やっぱりご縁だし出会いだから分からないなと思って」とし、きっかけがいつ訪れるのか読めないことを口にした。

 林氏から「そういう願望もなくはない?」とストレートに聞かれると、「ありますね」と肯定した浜辺。「子供はかわいいなって思うし、家庭を持つと大変だと思いますけど、憧れはやっぱりありますね」と続け、結婚や出産への願望を持っていることを率直に語っていた。

 小学4年生の時に『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞して芸能界入りした浜辺。2017年、17歳の時に出演した映画『君の膵臓が食べたい』と日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた。4月29日公開の映画『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』で主演を務める。

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)