「君と世界が終わる日に」Season5で復活する秋吉蓮を演じる本郷奏多(Hulu)

 本郷奏多が、玉城ティナ&飯豊まりえがW主演を務める、Huluオリジナル「君と世界が終わる日に」Season5に出演する事が決まった。シェルター『希望の家』の心優しきリーダーを演じた本郷奏多は「たくましくなった姿に見えるように」とコメントを寄せる。

 ゴーレムと呼ばれるゾンビが蔓延る終末世界を舞台に、生存者たちが生き残りを懸けた命懸けの闘いに身を投じる、極限のゾンビサバイバル「君と世界が終わる日に」。大ヒット上映中の『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』では、竹内涼真演じる間宮響が最愛の人・来美(中条あやみ)との間にできた娘・ミライを取り戻すべく、人類最後の希望の都市ユートピアの「研究タワー」で最後の闘いに挑む物語が描かれた。

 さらに、2月9日からHuluで独占配信がスタートするSeason5(全5話/毎週金曜エピソード更新)では、劇場版では描かれなかったユートピアのもう一つの塔を舞台に、玉城ティナ演じる明日葉と、飯豊まりえ演じる佳奈恵らが最終決戦に挑みむ。絶対的な上下世界によって【タワー】と【アンダー】に引き裂かれたかつての仲間たちがやがて敵として対峙し、シリーズ史上最大の人類総力戦を繰り広げていく様子が描かれていく。

 そんな待望の復活キャストとして、秋吉蓮役の本郷奏多、坪井役の小久保寿人、三原結月役の横溝菜帆の登場が発表された。

 本郷が演じる秋吉蓮は、Season2で登場したキャラクター。ゴーレム化し響に倒された母・美沙子(濱田マリ)の代わりにシェルター『希望の家』を守ろうと奔走した心優しきリーダーだ。Season2で記憶を無くしてしまった来美に寄り添い、二人は急接近。響とは激しく対立する場面もあった。さらに、殺戮集団Xにより仲間の大半を惨殺されるも、医師である来美が自ら身を差し出すことで難を逃れ、秋吉は残りの生存者と『希望の家』を守ることを誓うのであった。

 そんな秋吉を演じた本郷は、Season5の撮影について「2年ぶりぐらいにこの現場に来ましたが、安心して撮影に挑めましたし、映像で見てた人たちと会えるのもちょっとワクワクしますね」とコメント。秋吉については、「Season2で演じさせていただいた時からは時も経ってますし、秋吉自身もたぶんサバイバルを通じてすごく成長している部分もあると思うので、前のキャラクターのままというよりは、ちょっとだけたくましくなった姿に見えるように演じられたらいいなと思っています!」と語っている。

本郷奏多(秋吉蓮役)コメント

 もうすっかり僕の中では出番が終わったつもりだったので、また出演できて純粋に嬉しいなという思いがありました。今回Season3~4まで観て現場に挑んだのですが、いち視聴者として「え!この人死んじゃうの?!」とすごく楽しみながら観させていただいていました。2年ぶりぐらいにこの現場に来ましたが、安心して撮影に挑めましたし、映像で見てた人たちと会えるのもちょっとワクワクしますね。

 Season2で演じさせていただいた時からは時も経ってますし、秋吉自身もたぶんサバイバルを通じてすごく成長している部分もあると思うので、前のキャラクターのままというよりは、ちょっとだけたくましくなった姿に見えるように演じられたらいいなと思っています!

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)