片岡愛之助と杏



 GACKT、二階堂ふみ、杏、片岡愛之助、藤原紀香、川﨑麻世、加藤諒、益若つばさ、和久井映見、アキラ 100%、朝日奈央、武内英樹監督が先日、都内で行われた映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』(11月23日公開)ジャパンプレミアに登壇した。

 【動画】杏の「夫婦で台本は?」という質問ににやけながら答える片岡愛之助

 本作は、2019年、魔夜峰央の原作『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社/累計発行部数72万部)を二階堂ふみ・GACKTという強烈な個性を放つ主演二人により実写化し、興行収入37.6億円を叩き出した映画『翔んで埼玉』の続編。まさかの埼玉を飛び出し日本全土を巻き込む天下分け目の東西ディスり対決が開幕する。

 ステージでのトーク後には、壇上を降りてレッドカーペットを歩き、ファンサービス。更に報道陣の取材にも応じた。自身も大阪府出身で、冷酷無慈悲な大阪府知事・嘉祥寺晃を演じた片岡は「台本を読んで本当にビックリしました。凄い事になっているなと。どんなテンションで演じたらいいかと相談したら愛のあるディスりをと言われて…」。

 話題は、愛之助と藤原紀香の夫婦共演。「バチバチに仲が悪い夫婦役で楽しく過ごさせて頂きました」と明かすと、滋賀解放戦線のリーダー“滋賀のオスカル”こと桔梗魁を演じた杏から「台本は一緒に読まれたんですか?」との質問。これに「していないですよ」と返す愛之助は「照れくさいじゃないですか?」とにやけていた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)