竹内涼真



 北川景子、吉岡里帆、竹内涼真、黒木瞳、内田英治監督が28日、都内で行われたWOWOW『連続ドラマW 湊かなえ「落日」』(9月10日午後10時~放送・配信開始)完成披露試写会に登壇した。

 【動画】3年ぶりとなった内田組の印象と初の死刑囚役を振り返る竹内涼真

 作家・湊かなえ氏が、2019年に作家生活10周年の節目として書き下ろしたミステリー長編の連続ドラマ化。15年前の事件の真相を追うことで、重い十字架を背負った過去と向き合うことになる主人公たち。そして、香と真尋がたどり着いた衝撃の真実とは!?

 本作の主人公で、15年前に起きた「笹塚町一家殺害事件」の真相を追う新進気鋭の映画監督の長谷部香役を演じるのは北川景子。香と同じ笹塚町出身の新人脚本家で運命の渦に巻き込まれていく甲斐真尋役を吉岡里帆が務める。

 竹内涼真は、本作の物語の支柱となる「笹塚町一家殺害事件」で妹の沙良を刺殺して自宅を放火し、両親をも死に追いやったとして死刑囚の身になった立石力輝斗役を演じる。「若い時と現代の両方を演じないといけないのでビジュアルを、監督やメイクさんたちと相談してしっくりくるまで打ち合わせできたことで役に入りやすかったです」。

 死刑囚の身になった人物を演じるのは心境としてもハードだったことがうかがえるが「撮影中はきつかった」としつつも「内田組が好きで、30歳になって一発目の作品だったんです。すごく感慨深かったです」と節目の年に新境地となる作品が信頼を寄せる内田組だったことに感無量の様子だった。

 その内田組では、同局のドラマ『竹内涼真の撮休』で主演を務めている。あれから3年が経つが、内田監督は竹内の印象を「本当に成長したと感じました。考え方が3年前と全然う彼が現場にいてビックリしました。3年という時間は人間を成長させるんだと。このまま成長していってほしい。素晴らしい俳優にどんどんなっていくと思う」と期待を寄せた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)