神はサイコロを振らないが、マンスリーリリースの第一弾となる楽曲「キラキラ」を11月25日にDigital Releaseすることを発表した。

 Monthly Winter Release “冬の大三角形“と題し、新たな3楽曲を11月、12月、1月の冬のシーズンに、New Digital Singleとしてマンスリーでリリースすることを先月発表し、プロキオン、ベテルギウス、シリウスからなる“冬の大三角形“のキービジュアルも公開した、神はサイコロを振らない。

 その“冬の大三角形“の出現を先駆けてしらせる恒星のプロキオン的存在と位置付けられた、マンスリーリリースの第一弾となる楽曲「キラキラ」を11月25日にDigital Releaseすることを発表した。

 2020年にメジャーデビューするも、これまでのようにライブを通して自らの音楽を届けることが出来ない状況が続いたが、2022年春以降、ライブシーンは徐々にこれまでに近い形でのライブが行えるようになってきた。着実に広がってきた規模の全国ツアー、国内有数のフェス出演での経験、ライブ会場でマスク越しながら見せてくれた方々の表情と気持ち、それこそが本楽曲「キラキラ」を作るきっかけとなった。デジタル感のあるメインリフ+ソリッドでアッパーなバンドアレンジが見事に融合した、神はサイコロを振らないの新たなキラーチューンとも言える楽曲。

「キラキラ」ジャケ写

 若年層の経験する何気なく過ごしてきた時間がどれだけ尊いか、好きな事をなりわいとする今の自分との対比も描かれている歌詞。大人になってもあの頃の気持ちを忘れずに、大胆に全力に、真っ直ぐに自由にいこう。という、他者に対してでもあり、自らに対してものメッセージも込められている。

 4日よりその最新楽曲「キラキラ」がTikTokで先行配信され、歌詞にもある「全力」にちなんで、晴天の青空の中、メンバーが全力でスポーツを楽しんでいたり、青春時代を思い出しながら収録した神サイ学園のコンテンツなどもTikTokオフィシャルアカウントなどからアップが予定されている。

 オフィシャルからは、その投稿と合わせ、自身は元より、子供や家族、友達、彼氏・彼女がスポーツをしている動画や、とにかくまた、全力で「キラキラ」している動画の投稿を募っている。

 また同楽曲の歌詞も歌ネットにて先行公開、レコーディングのオフショットの模様もオフィシャルSNSにて公開され、次から次へと作品情報や関連映像が公開されている。

 11月、12月、1月の冬のシーズンに、Monthly Winter Release “冬の大三角形“と題して、3楽曲をマンスリーでリリースし、第一弾「キラキラ」を11月25日にDigital Releaseする、神はサイコロを振らない。

 東名阪で開催され神サイも出演する国内有数の冬フェス、来年1月からの全Zeppツアーに向けて、ライブでも間違いなく盛り上がるキラーチューンとなることは必至。メンバーは、今後詳細を発表する12月、1月リリースの楽曲と合わせたこの3曲が、この季節にひときわ際立つ“冬の大三角形“ のような存在であって欲しいと願っている。

柳田周作コメント

 子どもの頃は目に映るもの全てが新鮮で、道端の花をちゅうちゅう吸ってみたり、虫を手掴みしては観察してみたり、服や靴は汚れる為のものでした。喜怒哀楽や自分の感情にもとにかく従順で、純粋で。大人になると目的や理由が先行してしまうけど、あの頃はわけもなく友達と集まったり、何をするでもなくただ同じ時間を過ごしたり。僕は今、あの頃の自分を羨ましく思います。逢ってみたいと思います。逢って、今君が感じているもの、見えているもの、過ごしている時間。それら全ては宝物なんだよと伝えてあげたいなと。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)