島崎遥香

 島崎遥香が15日、都内で行われた新津ちせ主演映画『凪の島』(19日公開)公開直前イベントに登壇。結婚願望は?と司会者から聞かれ「分からないです」と戸惑い気味に語った。

 【動画】結婚願望の質問に戸惑うぱるる、劇中で歌った「瀬戸の花嫁」の舞台裏も明かす

 山口県の瀬戸内海に面した自然豊かな島を舞台に、少年少女の心の成長や、子供たちの目を通して描かれる家族の姿を描く。長澤雅彦監督によるオリジナル脚本。雄大な海やどこか懐かしい学校、風情のある診療所など風光明媚なロケ地で撮影を行った。

 島崎は、凪(新津ちせ)が通う小学校の担任教師・河野瑞樹を演じる。ロケ地に何泊もする撮影は初めてだったようで「強く印象に残っています」。撮休では、新津と凪の母を演じた加藤ローサと浜辺を散歩したと言い、その時のエピソードを笑顔たっぷりに語った。

 そんな島崎は劇中で「瀬戸の花嫁」を歌唱している。「歌とダンスが苦手な役柄だったので助かりました。これが上手い役だったらきっとできなかったと思う」と笑った。

 話題は「結婚願望はあるか?」。瑞樹に思いを寄せる守屋浩平を演じた結木滉星が「あります。でも今考えていません。まだ一人前ではないので」と語ったものの、島崎は「わかりません」とやや戸惑いながら語った。

 改めて、自然豊かなロケ地で行ったこの作品を「山口県の魅力が伝わったら」とアピールした。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)