稲森いずみ

 玉木宏、川口春奈、志尊淳、松本まりか、滝藤賢一、吉田鋼太郎、稲森いずみ、竹中直人が25日、都内で行われた『極主夫道 ザ・シネマ』(6月3日公開)公開直前祭に登壇した。

 最凶の極道から足を洗い専業主夫となった主人公が、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を賭け、時にはご近所のトラブルに奮闘する姿を描いたドラマの劇場版。

 稲森いずみは、天雀会の会長・江口菊次郎(竹中直人)の妻・江口雲雀を演じる。冒頭のあいさつでいきなり「極道界のビバリーヒルズ、そこのけそこのけ雲雀が通る、というキャッチフレーズで江口雲雀を演じます稲森いずみです」と挨拶。

 耳を疑うように主人公の黒田龍を演じる玉木宏は「初めて聞きましたけど…」と問うと稲森は「初めて聞きました?」と「私も!」と茶目っ気に笑った。

 竹中とのシーンではアドリブが多く「洗練されたパフォーマンスを見ていつも刺激を受けてました」とし、殴るシーンでは台本に書かれていなかったもののの多く足されたといい「ごめんなさいと思いながらも思いっきりキレよくどつかせてもらいました」としつつ「全部監督の仕業です」と笑った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)