(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ

 主演・企画に中井貴一、共演に松山ケンイチ、北川景子を擁した映画『大河への道』(5月20日公開)のメイキング映像が解禁となった。北川が「子ども同士がじゃれ合っているみたい」と大笑いするなど、中井と松山のプライベートの仲の良さが垣間見える和気藹々とした舞台裏となっている。

 現代を舞台にドラマ開発に奮闘する物語と、200年前の日本地図作りに隠された感動のドラマを描く。

 ある日、千葉県香取市役所の総務課に勤める池本保治(中井貴一)が観光振興策を検討する会議で意見を求められ、苦し紛れにひねり出したのは、郷土の偉人を主人公とする大河ドラマの実現だった。香取市には日本で初めて精密な全国地図を作った歴史的英雄、伊能忠敬がいる。そしてなんとその提案が採用されてしまうのだ。ところが企画を進めるうちに、地図を完成させたのは伊能忠敬ではなかった!? 彼はその3年前に亡くなっていた!? という日本の歴史を変える驚きの事実が明らかに……。そこには地図を完成させるため、伊能忠敬の弟子たちが命を懸けて取り組んだ、とんでもない隠密作戦があった。

 今回公開されたのは、軽快な掛け合いを収めたメイキング映像。

(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ

 解禁となった映像には、観光課の課長・小林永美(北川景子)が総務課の主任・池本保治(中井貴一)を“伊能忠敬”を題材にした大河ドラマ開発プロジェクトのリーダーに指名する一幕ではカットがかかるやいなや、池本と部下の木下浩章(松山ケンイチ)に思わず吹き出してしまった北川を捉えている。

 さらに、その掛け合いは時代劇パートにおいても健在で、伊能隊の測量を支援する高橋景保(中井)と高橋の腹心の又吉(松山)、そして、伊能のかつての妻・エイ(北川)が伊能のお墓に手を合わせている場面では、中井が松山の肘に手を勢いよくぶつけてしまい、思わず素のリアクションをしてしまった二人の和気藹々とした様子も映されている。

 プライベートでも中井と親交のある松山は今回の共演について「こんなに笑わせてくれる方はいない。僕は貴一さんのリアクションや話術でずっと笑っている。その雰囲気が役柄の間柄として出ています。だから仕事をした感じがしない」と劇中でも普段の関係性がそのまま映し出されていると振り返る。

 一方で北川は「二人ともずっと笑っていて、子ども同士がじゃれ合っているみたいで。見ていて羨ましかった」と中井と松山のやり取りに大笑い。

 伊能忠敬の想いを継ぐ名もなき者たちの道のりが200年の時を経て、明らかに。笑いあり、涙ありの日本史の常識をひっくり返す「歴史発見」エンタテインメント・映画『大河への道』の公開に期待だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)