(C)2022 Zest, Inc.

 SKE48の古畑奈和(25)が17日、SKE48劇場で行われた、チームKII「最終ベルが鳴る」公演で卒業を発表した。

 終演後に「私から伝えたいことがあります」と切り出し、9月末にSKE48を卒業することを発表。「これから皆さんにたくさんのありがとうを伝えていけたらと思います」と笑顔で報告した。

 古畑は、2011年10月にSKE48第5期オーディションに合格。2012年にチームEへ昇格。2013年から2015年まではAKB48と兼任し、選抜総選挙では2017年には14位、2018年には15位とAKB48の選抜メンバーとしても活躍。

 SKE48では、2013年の「美しい稲妻」でシングル初選抜入りを果たして以降、25thシングル「FRUSTRATION」では、センターを務めるなど、現在まで表題曲選抜メンバーとして活動。

 ソロとしてもこれまでシングルやミニアルバムの発売、ソロライブの開催など頭角を現し、テレビや舞台での演技、「AKB48 グループ 歌唱力 No.1 決定戦」でもファイナリストの常連となるなど、多方面で才能を発揮している。

古畑奈和:コメント

 本日卒業発表させていただきました古畑奈和です。約11年間のSKE48人生に幕を閉じようと思います。

 ですが、卒業までに写真集の発売やイベント、ソロライブ、古畑主演の会話劇、歌唱力ライブや発表されていない楽しみなこともまだまだあります。みなさんと過ごすアイドル最後の時間は今分かってるだけでも悔い無く過ごせるお仕事で溢れています。

 なので、出会った時や過ごした時間、空白時間なんかは気にせず、私を一瞬でも好きになってくださった方々と悔い無く一緒に過ごしたいですし、アイドルとして最後までかっこよくあり続けます。そしてファンの方と一緒に、1つ1つのお仕事を大切にしながら終われたら嬉しいです!卒業までのこの時間、私にとっても一生の思い出に残る瞬間を大好きなファンのみんなと濃く過ごしていきたいです。

 9月末まで、そしてこれからも!よろしくお願いします!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)