照れ笑いする北川景子

 北川景子が9日、都内で行われた映画『大河への道』(20日公開)先行プレミア上映イベントに登壇した。現代を舞台にドラマ開発に奮闘する物語と、200年前の日本地図作りに隠された感動のドラマを描く。北川は観光課の小林永美を演じる。

 物語のモチーフになった伊能忠敬が55歳から日本地図作りを始めたことに絡め、55歳から始めたいことは何かという質問を受けた。北川は「肉体改造したい。55歳から更に若返りたい」。

 隣にいた岸井ゆきのが「ムキムキになると思った」と筋力アップと勘違い。「いやムキムキとかじゃなくて、なかから」と顔を赤らめて大笑いする北川だった。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)